表の顔は、高貴なる英国紳士。裏の顔は、世界最強のスパイ組織“キングスマン”。スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げる人気映画シリーズ最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』(12月24日公開)より、マシュー・ヴォーン監督や、本作の主人公オックスフォード公を演じるレイフ・ファインズらが登場する特別映像が解禁となった。

【動画】『キングスマン』シリーズ最新作、特別動画

 キングスマンの一員として極秘任務を遂行していたハリーが、ロンドンに暮らす不良青年エグジーをスカウトし、初めてキングスマンの基地である高級テーラーへ連れていく『キングスマン』の名場面から始まる本映像。「高級テーラーの顧客である強大な権力者たちが世界の平和を願い、国家に属さないスパイ組織を設立―“キングスマン”の誕生だ」とハリーが語るその創設者こそが、本作の主人公で高貴なる英国紳士のオックスフォード公だ。

 世界大戦を仕掛け、世界を意のままに操ろうと目論む闇の狂団を阻止すべく、オックスフォード公は彼の息子で正義に燃える若き紳士コンラッドや仲間たちと共に立ち上がり、スパイ組織”キングスマン“の礎を築き、人類の存命をかけた戦いに身を投じることになる。

 そんな本作を「キングスマン誕生の物語で、シリーズの原点になる映画だ」と語るのは、『キングスマン』(2015年)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(18年)に続き、シリーズ全作を手掛けるマシュー・ヴォーン監督。世界中で愛され、人々を虜にしたキングスマンは、巨大な陰謀と戦うことでその名を轟かせたハリーとエグジー、そして世界の平和を強く願いキングスマンの”原点”を築いたオックスフォード公とコンラッドらが紡ぐ物語によって初めてその”すべて“が明かされる。「マナーが紳士を作る」。ハリーやエグジー、そしてオックスフォード公が口にする、キングスマンには欠かせないこの言葉が紡ぐ、知られざる“誕生の物語”とは?

 マシューが描く最新作にはキャストからも「マシュー独特のスタイル」「ストーリー展開が素晴らしい。しかも力強い脚本だ」と絶賛の声が飛び交い、オックスフォード公を演じるレイフ・ファインズは「キングスマンらしい要素も満載だ」と力強くアピール。ド迫力の超過激アクションをはじめ、おなじみの高級テーラーや戦闘には欠かせないスタイリッシュなスーツ、ギミック満載のスパイガジェットやシリアスな壮絶な激戦に散りばめられたクスっと笑えるユーモア、最凶の悪役など、シリーズで愛されてきた魅力がふんだんに詰め込まれている。

 さらに実際に起こった世界大戦を描くという史実に基づく物語と、マシューならではの魅力的なフィクションを巧みに掛け合わせた本作は、その新しい要素とシリーズの魅力によって再び観客を興奮させてくれるに違いない。