最新の全国映画動員ランキングトップ10(10月9日・10日、興行通信社調べ)が発表され、10月1日に公開された『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、土日2日間で動員18万8000人、興行収入2億9000万円をあげ、2週連続で首位に立った。累計では早くも動員91万人、興収13億円を突破している。

【画像】2位初登場の『宇宙の法ーエローヒム編ー』ほか

 2位には、土日2日間で動員13万5000人、興収1億6700万円をあげた『宇宙の法-エローヒム編-』が初登場。初日から3日間の累計では動員17万人、興収2億円を突破する好スタートを切った。宗教家の大川隆法が原作・製作総指揮を務める長編SFアニメーションで、2018年に公開された『宇宙の法-黎明編-』の続編。声の出演は大原さやか、新井里美、掛川裕彦らに加え、千眼美子が参加。監督は前作に引き続き今掛勇が務めている。

 3位は『マスカレード・ナイト』。土日2日間で動員12万3000人、興収1億7600万円をあげ、累計で動員206万人、興収28億円を突破した。先週3位でスタートを切った『護られなかった者たちへ』はワンランクダウンの4位。

 5位には、「ワイルド・スピード」シリーズなどへの出演で、今やハリウッドを代表するアクションスターとなったジェイソン・ステイサム主演のクライム・アクション『キャッシュトラック』が初登場でランクイン。共演はホルト・マッキャラニー、ジョシュ・ハートネット、ニーヴ・アルガーほか。ジェイソン・ステイサムとは、「リボルバー」以来16年ぶりの再タッグとなるガイ・リッチー監督が脚本・プロデューサーも務めている。

 6位も新作『劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!』が初登場。大人気アニメ「マクロス」シリーズ7作目となるTVアニメ『マクロスΔ(デルタ)』を完全新作で描く。声の出演は内田雄馬、鈴木みのり、瀬戸麻沙美ほか。監督は河森正治。

 ほか新作では、桜日梯子による人気BLコミックが原作の同名TVアニメの映画化『劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。-スペイン編-』が8位にランクインした。「宇宙戦艦ヤマト」をリメイクした「宇宙戦艦ヤマト2199」「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」シリーズの続編『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 TAKE OFF』は惜しくも圏外のスタートとなった。

■全国映画動員ランキングトップ10(10月9日・10日)
1(1⇒)007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(公開週2)
2(NEW)宇宙の法-エローヒム編-(1)
3(2↓)マスカレード・ナイト(4)
4(3↓)護られなかった者たちへ(2)
5(NEW)キャッシュトラック(1)
6(NEW)劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!(1)
7(4↓)劇場版 Free!-the Final Stroke-前編(4)
8(NEW)劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。-スペイン編-(1)
9(5↓)死霊館 悪魔のせいなら、無罪。(2)
10(6↓)竜とそばかすの姫(13)
※11(NEW)宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 TAKE OFF(1)