俳優の田中圭、安田顕、女優の倉科カナが11日、オンラインで行われたテレビ東京系ドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』(毎週金曜 後8:00、15日スタート)の会見に出席した。

【第1話場面カット】安田顕と対峙する平岡祐太

 撮影中のエピソードを問われた安田は「田中さんと倉科さんは付き合いが長い。だから、会ったときの2人のあいさつの丁々発止が面白かったですね」と裏話。あとを受けた倉科は「私の扱いが雑なんですよ!」と田中へプチクレームを入れた。

 安田は「長い付き合いだから。面白んですよ。あんなに痛く田中圭さんを殴るんだ、と」と仲睦まじさの伺えるトークで苦笑いさせると田中は「からかいたくなるんですよ(笑)。面白い方なんですよ」と笑顔を見せていた。

 同ドラマは、漫画『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』(作:夏緑、画:菊田洋之/小学館)を原作に、「DNAは嘘をつかない」が口癖で、数億桁の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者の神保仁(田中圭)が、熱血刑事・安堂源次(安田顕)や科捜研の美女・乱原流奈(倉科カナ)とともに、難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫るミステリー。