俳優の千葉雄大、綾野剛が11日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『アバランチ』(18日スタート/毎週月曜 後10:00※初回15分拡大)の取材会に参加した。

【写真】お互いを見て笑い合う綾野剛&福士蒼汰

 本作は、主人公・羽生誠一(はぶ・せいいち/綾野剛)が所属する謎に包まれた集団・アバランチの過激かつ痛快な活躍を描き、令和ニッポンで暮らす人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメント。今最も注目される映画監督である藤井道人がチーフ演出として参加し、映画『ヤクザと家族 The Family』(2021)以来となる綾野と再びタッグを組む。天才ハッカー・牧原大志役の千葉は「血の通った人物像が描かれているな、とやりがいがあります」と作品についての印象を語った。

 また、会見では綾野の“座長っぷり”を語ることに。「すごいエンジンがある」「毎秒、この作品のことを考えている」など共演陣から賞賛の言葉を受けて、照れまくりの綾野。続け様に、マイクを握った千葉は「綾野さん、まだ続くので」とニヤリとし、綾野は「雄大はSだからな…」と息も絶え絶え。

 予告通りに千葉は「綾野さんには愛を感じる。やりやすい環境を作ってくださったり、お芝居のことを考えてくださったり。救われます。けさは『俺のアイドル』と言ってくださったので、綾野さんが疲れた時は癒やしてあげようと思います」と笑顔を投げかけると、綾野は「ホントにたまらない。千葉プロには癒やされてます」と頬がゆるんでいた。

 この日の会見には、木村佳乃、福士蒼汰、高橋メアリージュン、田中要次も参加した。