お笑い芸人・有吉弘行の基地(ベース)に、若手芸人が集まって毎回さまざまな企画に挑戦する、動画配信サービスFODで配信中の『有吉ベース』。11日正午から配信される最新回では、「上島葬~芸人としては死んでしまった上島竜兵のお葬式をやってみたSP~」と題し、スペシャルゲストとしてダチョウ倶楽部・上島竜兵が登場する。

【番組カット】頭をかきながら笑いを浮かべる有吉弘行

 番組では、2017年から毎年1回、上島をスペシャルゲストとして招き、若手芸人にリアクションの手本を見せたり、YouTuberに挑戦したり、有吉と対決するなどさまざまな企画に挑戦してきた。

 今回は、上島の葬儀「上島葬」を実施。還暦を迎え体はボロボロ、リアクション芸もままならない(?)上島だが「それは芸人として死んだのも同然!」ということで、芸人としての葬儀を行うことに…。上島は「とうとう殺しやがったな! お前ら!」と激高しながら登場し、上島本人のあいさつからスタート。

 参列者のインスタントジョンソン・スギ。、ストレッチーズ・福島、マシンガンズ・西堀の弔辞では、上島との思い出や、赤裸々なプライベートが明かされる。参列者の焼香では、フラッシュコットンを上島の手に乗せていき、喪主の有吉が点火すると大炎上し、2人ともリアルに大慌て。その後は、上島の36年間の芸歴で培ってきた伝統芸を後輩へ継承する「伝統芸継承」や、本当に芸人として死んでしまったのか、参列者が考案したリアクション芸に上島が挑戦する「上島生存確認」など、盛りだくさんの内容となっている。

 収録を終えて、有吉は「上島さんの真骨頂となる“上島葬”をこんな場所でやってよかったのかと思います。上島さんを慕い、上島さんの“ラストサン”と呼ばれている後輩の福島君の力も見せてもらいました! よく頑張っていました! 面白かったです!」とコメント。上島も「こういう形で還暦祝いをやってもらい、生前葬は良い葬式になりました。ありがとうございました。本当にありがとうございました!」と充実感をにじませている。