BLアワード2015で第1位を獲得した凪良ゆう氏の小説を原作に、MBSドラマ特区枠で11月18日から放送される『美しい彼』。同作のキャストとして、俳優の萩原利久とダンス&ボーカルグループ・FANTASTICS from EXILE TRIBE八木勇征のダブル主演が発表された。

【写真】『アライブ がん専門医のカルテ』ではがん患者役を演じた萩原利久

 物語の主人公は、思うように言葉を発せない「吃音症」を持ち、幼い頃から周囲に馴染めず“ぼっち”を極める高校3年生・平良一成(ひら・かずなり)と、学校のカースト頂点に君臨する圧倒的カリスマ・清居奏(きよい・そう)。萩原が平良一成を、八木が清居奏をそれぞれ演じる。

 高校3年の春、クラス替えの自己紹介で緊張のあまり吃音が出てしまった平良は、クラスで透明人間のように扱われ、清居らのグループからパシリにされるようになる。しかし、そのことを気に留めるどころか、むしろ嬉しく思っていてー?!実は、平良は清居をひと目みた瞬間から恋に堕ちていたのだった。クールで美しい清居のことをひそかに、王(キング)と崇拝し、昼食の調達に使いっぱしりと忠誠を尽し続けていく。この思いは、憧れなのか、何なのか―。自分の気持ちに整理ができずにいたが、クラス内で力関係が変わるある出来事をきっかけに、二人の関係は急展開していく。

 平良役の萩原は、ドラマ『鈍色の箱の中で』や『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』で主演を務めたほか、連続テレビ小説『エール』や『3年A組―今から皆さんは、人質ですー』や映画『牛首村』など、数多くの話題作に出演する再注目の若手俳優。清居役の八木も、FANTASTICSのボーカルを務め、グループで主演を務めたドラマ『マネキンナイトフィーバー』など俳優としても活躍の幅を広げている。

 萩原は「お話を頂いて台本を読んだ時に、周りをも巻き込む平良のまっすぐすぎる純粋さに惹かれました。人の前であまり感情を出さない平良ですが、モノローグでは、嘘のない言葉をたくさん話しているので、そこも見どころの一つかなと思います。清居に出会い、平良の日常が急激に変わりその中で変化していくこと、感情の波など、一つひとつを丁寧に演じていきたいと思います」と役への思いを語った。

 八木も「酒井監督を始めとし、共演者の皆さん、スタッフの方々に支えられながら日々撮影に臨んでいます。清居の背景に自分と重なる部分が多くあり、学生時代に経験した1人の時間を作りたくないという心情でも似たものを感じます。清居がこの世界に存在していたら、と意識して役作りに励みました。原作ファンの方々にも楽しんでいただけるようなキング清居を表現できるよう頑張ります!」と意気込んでいる。