1997年に公開され、密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇る映画『CUBE』(1997年)を、菅田将暉主演でリメイクした『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)。海外映画のリメイクである本作を、お笑いコンビすゑひろがりずが狂言風に表現したコント動画が公開された。

【動画】すゑひろがりず×映画『CUBE』コラボコント

 
 すゑひろがりずといえば日本の伝統芸能「狂言」を取り入れて、現代的テーマを漫才として演じる芸風が人気を博している。M-1グランプリやキング・オブ・コントでも毎回好成績を残す、人気と実力を兼ね備えたお笑い芸人コンビだ。そんな2人と、海外映画のリメイク作品である本作『CUBE 一度入ったら、最後』でコラボをすれば、今までにない新しいエンタメ映像が誕生するのではないか、そう感じたスタッフがこの異色コラボを打診した結果、実現に至った。

 謎の部屋=和室で、袴姿で目覚めた南條。実際に映画に登場する部屋はかなり機械的な印象が強いデザインだが、これが「和室」になると日本風になる。衣装も本編では囚人服や作業服のような印象を受けるが、すゑひろがりずと言えばやはり袴姿。

 「この部屋は何ぞや!?」と南條が驚いていると、部屋の扉から三島が入ってくる。聞けば同じような和室が延々と続いているらしい…。本編には数々のトラップが登場するが、どうやらこの和室にもトラップが存在するようだ。ただ、トラップから逃れるために別の部屋に移る時も「失礼仕りまする」と律儀に言ったり、部屋にトラップがないかを確認するために本編ではブーツを投げ込んでいたが、この動画ではそれが足袋になっていたりと、随所に狂言の要素が盛り込まれている。オリジナル版を見たことがある人は爆笑必死。また、『CUBE 一度入ったら、最後』の公開後に見返すとさらに感慨深いものがあるに違いない。

 そして、本編には登場しないある謎解きも、この動画には登場する。果たしてすゑひろがりずの2人は協力して、数々のトラップや謎を乗り越えることができるのか!? そして彼らは延々と続く謎の和室から脱出することができるのか!?