お笑いコンビ・サンドウィッチマンが、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』第106回~107回(11日~12日放送)に漁師役で出演。放送にあわせて、コメントを寄せた。

【写真】『おかえりモネ』第106回=妹(蒔田彩珠)に寄り添う百音(清原果耶)

 伊達みきおが「これで一流の役者の仲間入りですかね」とネタふりすると、富澤たけしは「まあ、そうなるでしょうね。まあ緊張しましたけどね。気象予報士役で出てます」とボケ返し、漫才のようなやりとりを見せた。
 
 2人は、ドラマの舞台の一つ・宮城県の出身で、毎週土曜日に『おかえりモネ』の1週間分の放送を振り返るナビゲート役を務めてきた。満を持してドラマ本編への出演が実現した。


■サンドウィッチマン コメント
伊達:僕たちも、これで一流の役者の仲間入りですかね。
富澤:まあ、そうなるでしょうね。まあ緊張しましたけどね。 気象予報士役で出てます。
伊達:いやどう見ても漁師だわ。でも、ほんと 緊張した。方言慣れているはずなのに、いざ!となるとできなくなったわ
富澤:方言強すぎると、伝わらないしね。これ、全国放送だから、みんなわかんないとクレーム来ちゃうでしょ。
伊達:俺らが本気出しちゃうとね! 何言ってっかわかんないからね!
富澤:他の出演者の方も、気仙沼の方言うますぎたよね。
伊達:ここ、実は渋谷のスタジオじゃなくて、気仙沼の漁協じゃない?って信じそうになったよ
富澤:それに 俺たちもなじみすぎ。
伊達:みなさん気づいてくれるかな? 俺たちが出てるって。 俺なんか、かけてるメガネは自前のじゃなくて役用のメガネだし。いつもと違うからわからないかも。
富澤:ほとんど一緒だから変わらないわ(笑)