俳優・ミュージシャンの星野源とゲームクリエイターの小島秀夫監督が、15日に放送されるNHKの新たなゲーム教養番組『ゲームゲノム』(後10:45)にゲスト出演することが決定した。小島監督率いるコジマプロダクションが制作し、2019年にPlayStation 4用ソフトとして発売された『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』について、MCの本田翼を交え語り合う。

【写真】満面の笑み!ゲームをプレイする本田翼

 ゲームの誕生からおよそ半世紀。番組では、現代人の心に刻まれてきたゲーム独自の魅力を“ゲームゲノム(遺伝子)”と呼び、その奥深さに迫る。何がおもしろいのか、なぜ売れたのか、どうして語り継がれるのか。珠玉の作品を徹底分析したVTRをもとに、豪華でゲーム好きな出演者たちがたっぷりと語り尽くしていく。

 『DEATH STRANDING』は、原因不明の超常現象「デス・ストランディング」で文明・交流が崩壊した北米大陸を舞台に、“伝説の配達人”と呼ばれた男が命を懸けて情報・物資を直に運び、人々や文化を繋ぎ直す物語。世界で話題となった米国「壁問題」やコロナ禍など、人類が直面している【分断と孤立】が鮮烈にメタファーされている、と発売から2年経った今改めて注目を集める。“配達ゲーム”という新たなジャンル、そしてプレイヤー同士をオンラインで間接的に結び、攻略に繋げる「ソーシャル・ストランド・システム」という斬新なゲーム体験が特徴。ゲームプレイを通して、現代社会における“繋がり(ストランド)”の在り方を問う。

【出演者&コメント】
MC:本田翼
ゲームをカルチャーとして深掘りする番組にMCとして出演させていただきます。1つのゲームについて語り尽くすコンセプトに、とても興味を惹かれました。検索しても載っていない深いところまでお伝えできればと思います。ゲームをあまりされない方には発見や驚きが、そして作品のファンの方にはよりゲームを楽しめるヒントが詰まった番組になれば幸いです。

ゲスト:星野源
ゲストとして参加させていただきましたが、30分番組なのに1時間半ほどトーク収録していたので、全く収まってないと思います(笑)。ゲームにはさまざまな魅力的な側面があって、ソフトによってそれらが全て違います。ゲームというとひとくくりの印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、番組を見てゲームそのものに今までと違った印象を抱くかもしれないですし、そんな人が増えてくれたらいいなと思います。

ゲスト:小島秀夫
ゲーム業界に携わって35年になりますが、ここまでゲームの魅力を紹介してくれた番組は初めてなので本当にうれしいですし、今後もレギュラー化されることを希望します!「ゲームは“良くないもの”」と感じている方にもぜひ見ていただきたいです。きっとその意識が変わると思いますよ。番組を通してゲームを好きになっていただいて、例えば「ダンスをやってみる!」でもいいので、最終的にはクリエイティブな活動へのきっかけにしてもらえたら本望です。