『ドラゴンクエスト』の音楽などを手掛けた作曲家・すぎやまこういちさんが9月30日、90歳で亡くなった。訃報が伝えられた7日、『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二氏と、キャラクター・モンスターデザインを手掛けた鳥山明氏が追悼した。

【写真】2年前に素敵な笑顔見せるすぎやまさん…有村架純らとの集合ショット

 堀井氏は『ドラゴンクエスト』の公式サイトで「すぎやま先生がお亡くなりになりました。先生は35年間、ドラクエの世界に音楽という命を吹き込んできてくださいました。ドラクエは先生の音楽とともにありました。ゲームとともに、ユーザーの皆さんの心の中に、先生は生き続けるでしょう。すぎやま先生、長い間、本当にありがとうございました」とつづっている。

 鳥山氏も「すぎやま先生の訃報を聞き、驚いています。つい数年前にお会いした時の印象からも いい意味で、永遠の命を持つ魔法使いのように思っていました。ドラゴンクエストのイメージは、当時からゲームが大好きでいらした、すぎやま先生の素晴らしく印象的な数々の名曲によって決定付けられた。といっても過言ではありません。長くご一緒に仕事をさせていただいて本当に光栄でした!心よりご冥福をお祈りいたします」と偲んだ。

 すぎやまさんは1931年4月11日、東京都生まれ。高等学校在学中より作品を書き始める。東京大学を卒業後、文化放送を経てフジテレビに入社し、ディレクターとして『おとなの漫画』『ザ・ヒットパレード』『新春かくし芸大会』などの番組を手がけ、同時に作曲家としての活動を始めた。『ドラゴンクエスト』シリーズ音楽のほか、「亜麻色の髪の乙女」「花の首飾り」「恋のフーガ」「学生街の喫茶店」など多くのヒット曲、CM、アニメ、映画音楽、東京・中山競馬場の発走のファンファーレ、マーチまで幅広いジャンルの音楽を手掛けてきた。

 『ドラゴンクエスト』の楽曲は、今年開催された東京五輪開会式の各国入場行進曲で「序曲:ロトのテーマ」が使用され、大きな話題を呼んた。