手軽で簡単においしい料理を作りたいというニーズが高まっている昨今。東芝ライフスタイル株式会社は、食材やメニューに合わせて1.8気圧と1.4気圧に圧力を切り替えて調理が可能な電気圧力鍋『RCP-30R』を12月中旬より発売する。

【写真】絶品ローストビーフが自宅で…“ほったらかし”でできちゃう低温調理器

 高圧力で調理時間を短縮できる『1.8気圧調理』や、煮崩れしやすい食材にぴったりな『1.4気圧調理』、フライパンを使わずに料理の下ごしらえができる『炒める』など、1台で8つの機能を使い分けることができる。

 角煮、カレー、煮込みハンバーグなど10種類の自動メニューを内蔵している他、50種類のレシピを掲載した料理集が付属している。また、汚れがこびりつきにくい鍋内側のフッ素コーティング、細かく分解できる構造で、お手入れがしやすい作りになっている。