声優で歌手の坂本真綾(41)が、出演予定だったミュージカル『リトルプリンス』を休演することが6日、発表された。健康上の理由によるもので、「詳細につきましては、然るべき時期に改めてご報告を致します」としている。

【全身ショット】肩出しドレス姿の坂本真綾

 坂本の所属するフォーチュレストは「弊社所属の坂本真綾は、この度、出演予定でしたミュージカル『リトルプリンス』を健康上の理由により休演させていただくこととなりました。公演を楽しみにお待ちいただいたお客様、既にチケットをお申込みいただいたお客様には、突然のことでご心配とご迷惑をおかけし申し訳ございません」と報告。「なお詳細につきましては、然るべき時期に改めてご報告をいたします」と伝えている。

 坂本本人も「来年 1月に出演を予定しておりました舞台『リトルプリンス』を休演させていただくことになりました。私の出演を楽しみにしてくださっていた皆様、そして関係者の皆様にご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。私自身も子供の頃に劇場で観て感銘を受けた大好きな『リトルプリンス』。公演のご成功を心よりお祈りいたします」とメッセージを寄せた。

 坂本はアニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの真希波・マリ・イラストリアス役、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ルナマリア・ホーク役、「〈物語〉シリーズ」忍野忍役、「Fate/Grand Order」シリーズのレオナルド・ダ・ヴィンチ役などで知られる。夫は声優の鈴村健一(47)。