女優の谷村美月(31)が、持病の呼吸器疾患を起因とするパニック発作を発症し、10日から出演予定だったジャニーズWEST・神山智洋の主演舞台『LUNGS(ラングス)』を降板することが6日、発表された。谷村はしばらく休養し、これに伴い東京グローブ座での同公演も中止が決定した。

【写真】出演予定だった舞台『LUNGS』のポスタービジュアル

 谷村の所属事務所は「この度、弊社所属の谷村美月が持病の呼吸器疾患を起因とするパニック発作の発症により、出演を予定しておりました舞台『LUNGS』を降板させて頂くこととなりました。公演関係者全ての皆様にはここに至るまでも温かく見守って頂き、谷村本人にとっても不本意ではありますが、医師の診断・助言により、暫くの休養させて頂くことと致しました」と発表。

 「応援して下さっている皆様、公演を楽しみにして頂いていた皆様、関係者各位におかれましては、多大なるご迷惑とご心配をお掛け致しますことを心よりお詫び申し上げます」と伝えている。

 谷村の降板により、今後の対応を協議の結果、初日を迎えるまでに十分な準備期間が確保できないことから10日から10月31日の全23公演を中止。大阪・サンケイホールブリーゼの公演については、新たな出演者を迎え、予定通りの日程で実施できるよう検討する。詳細は決定次第、公式サイトで告知される。

 なお、東京公演は開催時期を変更しての実施に向け、改めてスケジュールの調整を行う。こちらも決定次第、公式サイトで発表。中止の該当公演のチケットは払い戻しを実施。順次案内予定としている。