テレビ東京系で11日からスタートする連続ドラマ『じゃない方の彼女』(毎週月曜 後11:06)で主演を務める濱田岳と、共演の山下美月(乃木坂46)がこのほど取材に応じた。秋元康が企画・原作を務める完全オリジナルの本作のウリは「家族で見られる不倫コメディー」。濱田は「すごく高いハードルを与えてくれて、挑みがいがある作品」と撮影に励んでいる。

【画像】『じゃない方の彼女』第1話場面写真

 お笑い芸人の目立たない方、みんなが選ぶものとは違う方、クラスの主役じゃない方、モテない方…実は世の中の多くの人が何かの「じゃない方」。濱田が演じる主人公・小谷雅也も今まで人生のスポットライトを浴びたことがなかった「じゃない方」の男。特別目立つことはないが、愛する妻と娘に囲まれて、大学の准教授として平凡なりに幸せな日々を送っていた。そんな彼が、偶然出会ってしまった“運命の相手”はまさかの教え子。不倫はダメだと思いながらも、天然魔性な女子大生に翻ろうされていく。

 濱田は「雅也は、ある日突然、モテ期がやってきて、いままでに経験したことがないようなことが起きて、いろんなチョイスを間違えていく男。撮影でも日々、女性から好意を持たれてグイグイ迫られるシーンが多くて、これは僕のキャリアの中でもなかなかない出来事でして(笑)。いつものように高嶺の花を狙ってフラれる方が楽だな、と思っています。結局、僕自身“じゃない方”だったんだな」と、再認識したという。

 本作のカギを握るのも“主人公じゃない方”の、山下が演じる天然魔性な女子大生・野々山怜子と、雅也の妻・麗(小西真奈美)であると、濱田。「怜子に惑わされ、麗に不倫を暴かれそうになって追い込まれ…。雅也としてはつらい毎日ですが、僕としては山下さん、小西さんお二人のお芝居を見るのが楽しみな毎日です」。

 特に、“妻じゃない方”の怜子を演じる山下の“天然魔性ぶり”に太鼓判を押す。「美月ちゃんが演じる怜子が一番美しく映っていて、奥さんの麗との間で僕一人が苦しんでいる、その姿を視聴者の方に笑ってもらうのが僕の仕事の一つ。怜子はあざとくならないように、と考え始めた時点であざとさが生まれかねない難役だと思うんです。美月ちゃんからはそういったものを越えた魔性を感じます」。

 ふとした仕草や発する言葉がどこか魅力的で世の男性陣をドキッとさせてしまう怜子を演じた山下は「怜子が雅也を沼に引き込んでいくことによって話が進んでいく作品なので、20歳以上年の離れた大学の先生で既婚者の男性に、どうしたら好きになってもらえるか、魅力的に思ってもらえるか、というのを日々考えながら演じていていました」と、役づくりの難しさを語っていた。

 三木康一郎監督からは「内面から出る怜子の魅力、媚びない強さみたいなものを大切に」と助言を受けたそうで、「私のお父さんと三木監督が同い年で、『お父さん』と呼んだりしていました」と明かし、現場の雰囲気の良さが伺えた。

 また、本作の魅力について山下は「不倫を題材にした作品も、コメディー作品もそれぞれ面白いものだから、それらを組み合わせたら絶対面白くなると思いました。世の中ではタブーとされているものだからこそ、作品の中でしか味わえない非日常感、普通に生きていたらなかなか経験しない修羅場もたくさんあって、雅也さんは追い詰められた時の行動や表情が日本一、面白い。そこが作品の魅力だと思います」と、話していた。

 スケジュールの都合で取材会に参加できなかった小西は「ここまでやってもいいの?というようなコント状態の芝居と、その中にふとした繊細な感情を織り込むというのが難しくもあり、楽しくもあります」とコメントを寄せ、雅也と麗“夫×妻”のシーンをアピール。YOUが演じる恋愛小説家で雅也の母・弘子と麗の“嫁×姑”の絶妙なバトルも見どころだ。