9月27日からNHK総合で3夜連続放送されたミニドラマ『土方のスマホ』。第4話~最終話が11日(後11:30~)から放送されるのを前に、第1話~3話が10日(後11:45~)に再放送されることが6日、発表された。さらに、土方を演じている窪田正孝らキャスト陣からのコメントも到着した。

【画像】近藤勇を演じている山田孝之

 「新選組の副長・土方歳三がスマホを持っていたら?」という設定と、全編スマホ画面のみの演出、そして土方史上最もチャラくして親しみやすいキャラによって、深夜の5分番組ながら、3日連続でSNSのトレンド入りを果たしている同番組。

 第1話~3話では、武士としてSNSでバズることに憧れて上京し、地元仲間の近藤勇とともに新選組を結成した土方。池田屋事件を現場から生配信すると見事にバズリ、一躍ヒーローになるまでが描かれた。

 後半の第4話からは、新選組幹部の山南敬介との確執や相次ぐ隊士の不祥事を乗り越え、ついに幕臣となるも、大政奉還によって身分とフォロワーを失いながら新政府軍との戦いに身を投じていくまでが描かれる。

 第1話放送前から「土方を演じるのは誰?」と話題となっていたが、池田屋事件のライブ配信シーンで窪田が演じていることが判明。窪田は「前作(『光秀のスマホ』)を拝見した時からとても興味のある企画でした。画期的でアイディアがつまっていて芝居と撮影を全て自分でやる難しさにやりがいを感じました。現場で実際に自分でカメラを持って動き芝居したあの新鮮な高揚感は、きっとあの時代に新選組がスマホを持ったら同じような高揚感に包まれたんじゃないかと想像しました。いろんなイメージをふくらませて楽しんでご覧いただけたらうれしいです」とコメントを寄せた。

 近藤勇を演じるのは、『光秀のスマホ』で明智光秀を演じた山田孝之。山田は「面白かった。グッときた。楊貴妃のスマホ、マリーアントワネットのスマホ、ゲバラのスマホ、長澤まさみのスマホ、妄想が止まらない」とさらなるシリーズ化に期待している。

 そのほか、チャラチャラした土方をビデオ通話で励ます姉・のぶを馬場園梓。沖田総司(声)で、NHK番組初出演となる荒牧慶彦。土方の恋人で舞妓の菊姫(声)を佐倉綾音が担当する。

■馬場園梓コメント
日野本郷名主・佐藤彦五郎の妻、のぶと申します。楽しいところにご一緒させていただき、とってもうれしいです。いつか「彦五郎の俳句」もぜひ取り上げていただきたいです。

■荒牧慶彦コメント
とても遊び心が満載の世界観で収録しているときもふと笑ってしまうような小ネタがふんだんにつまっております。ぜひ細かいところまでお楽しみください!!

■佐倉綾音コメント
前作の『光秀のスマホ』や同じ演出さんの『コロナ禍のスマホ』をたまたま見ており、とても現代的で革新的な演出だ! と驚いたので、自分もその一部になれる! と収録を楽しみにしていました。個性の強い武士の面々の中で、これまた一筋縄ではいかなさそうな君菊という女子を声だけで皆さまのお耳に印象付けるという難しいお仕事でしたが、非常に声優冥利につきました。慣れない京都弁に苦戦しましたが、どこか引っかかる存在として皆さまのエンタメ生活にお邪魔できていたら幸いです。