俳優・草刈正雄の長女でタレントの紅蘭(32)が5日、自身のインスタグラムを更新。長女(2)の右目にあるできものについて「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」という病気であると公表した。

【写真あり】プライベートプールで豊満美ボディあらわな紅蘭

 紅蘭はストーリー機能で「娘の目 まだめちゃくちゃ言われるからもう一度説明するけど霰粒腫という病気なの」と説明。「長期戦なのよ 手術とかする子もいるみたい!」とし、「私は手術の選択肢は今のところないかな」としている。

 その後のストーリーで、長女の病状について「今度詳しく書くね!」としつつ、「想像以上にたくさんの方が悩まれてるみたいでなにか私にできることはないかな?と考えてるよ! いい報告ができるよう病気について日々勉強中です」とつづった。

 「霰粒腫」は、まぶたの端にあるマイボーム腺という脂腺に脂肪が詰まり、肉芽腫というしこりができる疾患。