2019年秋よりAmazon Prime Videoで配信されるリアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4の女性参加者15人が発表された。成功を収めた1人の独身男性=バチェラーのたった1人のパートナーの座を勝ち取るために、性格もバックグラウンドも異なる15人の女性たちが競い合う同番組。今回は初めての試みとしてバチェラーの正体がわからないなか、自身の幸せを勝ち取るためにシリーズ最多1700人が応募。厳しいオーデションを勝ち抜いた女性たちのプロフィールとインタビュー映像が公開された。

【写真】各界のカリスマが勢ぞろい!女性参加者15名のソロショット

 全国から集まったのはSNS総フォロワー数20万人超えの水着デザイナーや人気インフルエンサー、レディ・ユニバース2020日本代表、経営者、医師、社会学者といった、各界のカリスマたち。個性豊かな面々が出そろい、未だかつてない恋愛サバイバルの幕が上がる。真実の愛を求める女性陣15人のインタビュー動画では、まだ見ぬバチェラーへの期待と妄想が膨らみ…バチェラーの心を掴む作戦など、彼女たちの恋愛観や素顔が垣間見える貴重な動画となっている。

 シーズン4を11月25日の午後10時からにてプライム会員向けに独占配信。全10話構成となり、初回は第1話から第3話までの計3話を一挙配信する。

 
■シーズン4女性参加者プロフィール

『色気って、なんだっけ?』青山明香里(あおやま・あかり)
24歳、建築事務所・事務、群馬

『あざといは、正義』休井美郷(きゅうい・みさと)
30歳、パン教室講師、大阪

『狙った獲物は逃さない』中野綾香(なかの・あやか)
29歳、マツエクサロン経営、愛知

『もう自信しか見えない』嘉瀬美月(かせ・みづき)
25歳、モデル、新潟

『尽くす女は、もう卒業』藤原望未(ふじはら・のぞみ)
25歳、鍼灸師、神奈川

『2次元だけじゃ終われない』白川理桜(しらかわ・りお)
27歳、アニメーション会社勤務、愛知

『姉は、恋愛リハビリ中』小口桃子(おぐち・ももこ)
34歳、不動産会社・事務、山梨

『砂漠に、バラを咲かせましょう』秋倉諒子(あきくら・りょうこ)
30歳、パーソナルトレーナー、千葉

『恋するマッスル』清水香澄(しみず・かすみ)
29歳、ボディメイクチャンピオン、岐阜

『カリスマビキニ100変化』林愛美(はやし・あいみ)
31歳、水着デザイナー、和歌山

『愛は、思想を超えるのか』松本妃奈子(まつもと・ひなこ)
29歳、社会学者、京都

『主役を夢見ていいですか?』市橋麗里シェーン(いちはし・れりしぇーん)
30歳、ヘアメイクアーティスト、東京

『恋は、まやかしが9割』坂入みずき(さかいり・みずき)
28歳、医師、アメリカ

『挫折は、まだない』松木星良(まつき・せいら)
30歳、会社経営、山梨

『どうせ、私がNo.1』桑原茉萌(くわばら・まほ)
23歳、インフルエンサー、宮城