インドで大ヒットを記録した『KAITHI(原題)』が、『囚人ディリ』の邦題で11月19日より新宿ピカデリー(東京)ほか全国で順次公開される。

【写真】インド映画界のアクションスターといえば

 同映画は、2019年10月に公開され、ハイシーズンのインド映画界に大きな衝撃を与えた。なんと、インド映画におなじみのダンスシーンはおろか、派手な楽曲や美麗なヒロインも登場しない。事件に巻き込まれた男と凶悪な麻薬組織の一夜の戦いを描く、硬派なアクション映画だったからだ。

 爆走する車を追撃する大量の敵、砦に迫る暴徒たち、西部劇全盛の時代から脈々と続く息詰まる攻防戦のプロットを巧みに取り入れながら、潜入捜査のサスペンスや、極限状況におかれた男たちの確執と絆のドラマを盛り込んだ緊迫感あふれる作風はインドの映画ファンの目にも新鮮に映ったに違いない。

 全編にわたって一分のスキもないその完成度に「インドに本格的なアクション映画が到来!」「真の映画ファンのための映画!」と、多くの批評家や観客が絶賛の声をあげ、瞬く間に大ヒットを記録し、リメイクや続編の製作が決定した。

 追撃アクションの傑作『マッドマックス』、伝説の籠城アクション『要塞警察』、潜入捜査アクションの金字塔『インファナル・アフェア』など、古今東西のアクション映画のスリルをすべて鍋に放り込み、秘伝のスパイスとともに煮込んだ緊迫の145分。インド映画史上最大級のアクションムービーがついに日本に上陸する。

 10年の刑期を終えて出所した早々、まったく関係のない事件に巻き込まれながらも、持前の純粋な正義感で数々のピンチに立ち向かう、主人公ディリ。解禁された本作のポスタービジュアルでは、片手に手錠を下げて堂々と仁王立ちするディリの姿に「その魂に、手錠はかけられない。」というコピーが重なり、数多のアクション映画のスリルを贅沢にぶち込んだ本作の熱量を感じさせる圧の強いものとなっている。

■ストーリー
 迫りくる圧倒的な敵を前に、頼れるのは一人の囚人だけたった…。大量の麻薬を押収された犯罪組織が警察に報復の罠を仕掛けた。次々と警官が倒れる中、特殊部隊の隊長ビジョイだけが難を逃れる。倒れた仲間たちを救うには5時間以内に治療が必要だったが、そこは街から遠く離れた警察の保養地。タイムリミットが迫る中、彼が頼れるのは拘留中の謎の男・ディリだけだった。猛追する暴徒たちの攻撃をかわしながら、トラックで病院をめざすビジョイとディリ。一方、80キロ離れた警察本部には、麻薬奪還に執念を燃やす凶暴な組織のリーダー、アンブ率いる別働隊の大群が迫っていた…。