新型コロナウイルスに感染し、療養していたお笑いコンビ、アンジャッシュ児嶋一哉(49)が5日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、復帰を報告した。

【動画】コロナからの復帰を報告した児嶋一哉

 児嶋は「本日10月5日復帰することができました。ありがとうございます」と報告。続けて「ワクチンの接種を2回していたんですが、8月中旬に2回目の接種が終わってたんですけど9月24日にPCR検査したときに、陽性反応が出て、休むことになりまして、自宅療養をしていました」と改めて経緯を説明した。

 症状については「特に重症化とかもなく、味覚嗅覚も別に異常なく、熱も出ることなく、血中酸素飽和度も全然問題なかった」と明かしつつ「2回接種しているんで、いわゆるブレイクスルー感染というやつになっちゃったんだと思うんですけど、保健所の方と話したら、2回接種しているから重症化となく済んだじゃないかな」と語った。

 2度のコロナワクチン接種後に感染したことには「『2回打ってもかかるんかい!! (ワクチン接種の)意味ないんじゃないか』みたいな、いろんな話も出てますけど、2回打ってたんで大事に至らなかったんじゃないか」とし「打った方が良いんじゃないかと僕は思いましたけど」と、自身の考えを話した。

 最後は「これからも、児嶋だよ!チャンネルをやっていきたいと思いますので、みなさんにご心配とね、ご迷惑をかけちゃった番組の方々とか、代打で行ってくれた人たちとかね。すみませんでした」とメッセージした。