お笑いコンビ・チョコレートプラネットが、6日放送の日本テレビ系バラエティー『1周回って知らない話&今夜くらべてみました合体!「芸能界の気になる」3時間SP』(後7:00)前半の『1周回って知らない話』ブロックに出演する。テレビ・ラジオのレギュラーは12本、YouTubeチャンネル登録者数は143万人というチョコプラだが、実は3年前までテレビのレギュラーは0本の“遅咲き芸人”。街の人たちからは「なんで今まで売れてなかったんだろう」「どういう転機でブレイクすることになったのか」など、さまざまな疑問が浮かび上がる。

【写真】チャラいテニサーにふんするチョコプラ

 スタジオではチョコプラの2人が、芸人引退も考えたという10年に及ぶ“暗黒時代”について「人気先行の芸人をバカにしていた」「モノマネは屈辱だった」など赤裸々に明かす。実際に腐りきっていた当時の彼らの様子を、仲の良いシソンヌ、パンサー向井慧・菅良太郎もぶっちゃける。そして、スタジオゲストのSHELLY、滝沢カレンらが「怖い」とドン引きする“禁断の事件”を再現。事務所マネージャーを泣かせるまで追い込んだその真相とは。

 そんなチョコプラがブレイクする転機となった松尾駿のIKKOモノマネには、実はある先輩芸人からの助言があった。「屈辱」だと感じながら出演した番組で松尾が体験した衝撃の瞬間とは。また、東野幸治の「もうネタ切れてきたでしょ」という言葉に、長田庄平はとある考え方によって「楽になった」とする。しかし、松尾の考え方には東野から「お笑い芸人がこれはあかんで」とダメ出しする場面も。さらに、2人きりのドライブロケでは、松尾が突然「俺が芸人辞めるって言ったらどうする?」と長田に質問。長田の意外な答えは?番組ではチョコプラ同様、とある事情で暗黒時代を過ごした芸能人たちをVTRで紹介する。

 このほか『1周回って知らない令和の子役事情』では、スタジオに売れっ子の子役たちがズラリ。アクションが得意な子役兄弟や、寺田心をほうふつとさせるしっかり者の小学2年生、朝ドラで大ブレイクした女の子らが語る、大人顔負けのプロ意識に東野らは面食らってしまう。そして、東京五輪のメダリストや芸人、音楽家など、実は子役としてテレビに出ていた意外な有名人たちも紹介する。

 番組恒例企画『高嶋ちさ子12人のバイオリニスト』では、またも大波乱がぼっ発。高嶋が「口を出さない」と決めた単独公演の練習を、高嶋が抜き打ちチェック。すると、その様子を見た高嶋は「全員クビにしたい」と、怒り爆発。果たして高嶋の怒りの原因はなんなのか。そこには、彼女たちの将来を思う高嶋の本心も。高嶋抜きで初めて行われた単独公演の行く末はいかに。