8月19日に82歳で亡くなった俳優の千葉真一さんの四十九日法要について、一部メディアで「2回行われる」と報じられたことを受け、千葉さんの所属事務所が5日、コメントを発表した。

【写真】似てる?ドラマでも活躍、千葉真一さんの息子・眞栄田郷敦

 この日発売の『女性自身』の記事では、千葉さんや家族を長年にわたって支えてきた女性が“さよなら会”と称して、10月6日に都内の寺で実質的な四十九日法要を行い、2日後の8日にも千葉さんの自宅で長女の女優・真瀬樹里が取り仕切る四十九日法要が行われると報道。女性と真瀬が千葉さんの遺骨についての主張で平行線をたどっている、とも伝えている。

 千葉さんの事務所アストライアは、「記事に掲載された女性ですが、千葉真一の応援者であったことは事実ですが、男女関係にあったことも主張している権利があるともございません。事実関係をここにお知らせさせていただきます」と報告。

 また、事務所代表の立ち会いのもと「長女樹里さんと二人の息子(新田真剣佑、眞栄田郷敦)の母、玉美さんの話し合いがお通夜のあとに行われ息子二人の公式な意向のもと円満に喪主を決定させていただきました。親族間でのトラブルなどは一切ございません」と主張した。

 法要についても「6日の四十九日に関しては千葉に縁があった人間が行うということでしたのであえて否定せず、本家を8日に行うことにしましたが6日は親族、お骨もないことからお別れ会ということに変わったようです。正式な四十九日は8日に行います」と説明した。

 千葉さんは1939年生まれ、福岡県出身。1968年、TBS系ドラマ『キイハンター』で人気を得る。その他、映画『キル・ビル』、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』、フジテレビ系ドラマ『影の軍団』シリーズ、NHK大河ドラマ『風林火山』などに出演。日本を代表するアクションスターとして海外でも人気を獲得し、「サニー千葉」の名で知られた。

 私生活では1973年、女優・野際陽子さんと結婚し、1994年に離婚。娘は女優の真瀬樹里(46)。その後に再婚。息子は俳優の新田真剣佑(24)、眞栄田郷敦(21)。