お笑いコンビ・麒麟の川島明と相席スタートの山添寛が5日、それぞれツイッターを更新。この日、TBS系朝のバラエティー番組『ラヴィット!』(月~金 前8:00)に出演した山添の“うそ”を川島が追及した。

【写真あり】麒麟・川島明、探偵並みの推理力で山添の“ウソ”見抜く

 山添は、前回の出演時に目も当てられないほどの大スベりを経験。『ブレインスリープ presents 川島明のねごと』(TBSラジオ、毎週日曜 後7:00)で川島に呼び出され、山添は母親からもお叱りを受けたことを明かしていた。

 この日、コンビでの再出演となった相席スタート。番組冒頭で川島が「出禁ではないけど厳重注意」と明かし、山添は「オカンを安心させたい」と改心した様子を見せた。ただ、この日もクイズコーナーで、ジャニーズWESTの桐山照史やSnow Manの佐久間大介が軽快にボケる中で山添は大スベり。最後に山添は視聴者プレゼントのキーワードを「兎番組破壊神」に指定するなど、やりたい放題だった。

 番組終了後にツイッターで山添は「TBSラヴィット! ありがとうございました」と感謝しながらも「確変入ったと思ったら、2R通常引いてしまいました」と記し、悪びれもせずパチンコのハンドルを握るポーズの写真を投稿。「9日初めてピンネタ単独やらせていただきます。反省してる顔だけでも観に来てください。おかんからのLINEはまだ来てません」と呼びかけていた。

 これに川島が反応。「後ろのモニターをみると時刻は7時30分。あなた本番前からパチンコのつもりでラヴィットにきてますね」と探偵並みの名推理を働かせると「また呼びます、いや呼び出します」と固く誓っていた。