俳優の西島秀俊、内野聖陽らが6日、都内で開催された劇場版『きのう何食べた?』(11月3日公開)の完成報告会に登壇。よしながふみによる同名漫画を西島・内野のダブル主演でドラマ化し、深夜ドラマにも関わらず大ヒットしたことを受けての劇場版。内野は「僕たちはひっそりとゲイのカップルのお話をやっていたのに、いつの間にかこんな華やかな映画という舞台に立たせてもらって感無量」と、ファンに感謝を述べた。

【写真】互いを見て…笑顔で話す内野聖陽&西島秀俊

 本作では、京都ロケを敢行。さらにドラマ版同様にオープニング用の“自撮り”撮影も行った。「内野さんがスマホを持って、お互いを撮ったりするシーンを撮っていて、すごくあの幸せな感じが戻ってきて印象深いですね。いろんなところで撮っていました」と振り返り、「ほぼ丸投げですもんね」と暴露。

 中江和仁監督は「内野さんがどう撮影するかわからないので、僕らは周りにいられない。有名人の2人を京都の街なかにほっぽりだして物陰に隠れて、終わったかな?と様子を伺っていました」と事情を説明。さらに、「内野さんは役者なのに申し訳ないのですが、カメラワークがダメだね、ともう一回やってもらったりしていました」と打ち明けた。

 内野は「本当に丸投げなんですよ。監督が消えちゃって。僕がスマホを持って西島 さんとのラブラブな姿をキャッキャしながら撮ってました」と話し、「僕はケンジの扮装になると、西島さんがシロさんに見えちゃうのでラブラブな感じで、大好きな人と京都に来た、ルン♪って感じそのまんまでした」と、乙女モードで振り返っていた。

 同映画は、よしながふみ氏による人気漫画を、西島・内野のダブル主演でドラマ化。深夜ドラマ枠としては異例の大ヒットとなり、最終回放送終了後には“何食べロス”となる人々が続出するほど人気を集めた。料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)と、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)の、ほろ苦くもあたたかい毎日と日々の食卓を丁寧に描いた物語。劇中でシロさんが作る料理もレシピ本が発売されるほど人気があり、劇場版でも見どころとなっている。

 報告会にはほかに、小日向大策役の山本耕史、小日向の恋人・ジルベールこと井上航役の磯村勇斗、劇場版から登場する美容師・田渕役の松村北斗(SixTONES)も登壇した。