女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。7日放送の第104回あらすじを紹介する。

【場面写真】あかりと再会した亜哉子は笑顔で迎え入れる

 第21週(4日~8日)のタイトルは「胸に秘めた思い」。百音(清原)が仕事をしていると、再びあかり(伊東蒼)がやってきた。実は、あかりは亜哉子(鈴木京香)の元生徒なのだという。

 そこで、百音はあかりを永浦家に連れて行くことに。6年ぶりの再会を喜ぶ亜哉子とあかりは、思い出話に花を咲かせる。その夜、亜哉子と百音が夕食の準備をしていると、亜哉子が今まで心に秘めていたことを話し出す。

 本作は、現代劇で、宮城・気仙沼で生まれ育ったヒロイン・永浦百音が、天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、上京。さまざまなことが天気にかかわっているということを経験し、故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。