スタートトゥデイ・代表取締役社長の前澤友作氏が、10日放送の日本テレビ系バラエティー『行列のできる相談所』(後7:00)に出演する。明石家さんまをMCに、3時間スペシャルとなる今回、番組20年目にふさわしい大型企画『行列・宇宙プロジェクト』を発表。今年12月に、民間人としては日本で初めてとなる『ISS(宇宙ステーション)滞在』の大きな夢をかなえる前澤氏とコラボ。来年の新春スペシャルの2回にわたって、前澤氏を通して、宇宙の壮大な魅力を伝える企画を送る。

【写真あり】飛行機の機内からの写真とともに日本出発を報告した前澤友作氏

 株式会社ZOZOの創業者として、個人資産は数千億以上とも言われる前澤氏は、これまでにも数々のサプライズで世間に話題を提供してきた。そして2023年、巨大宇宙船『スターシップ』を貸し切って民間人初の月周回旅行へ、同乗者8人とともに向かう。そこで自分がホストキュレーターとしてクルーを安心させるため、今回のISS滞在に挑むことになった。

 子供の頃からアドベンチャーと天体が好きだったという前澤氏は今年6月からロシアと日本を行き来し、ロシア語での座学勉強、離着陸時に欠かせない強いG(重力)に耐える訓練など、約100日間にわたる過酷な訓練を受けて、12月、ついに「宇宙」に飛び立つ。そんな前澤氏が日本を発つ直前に明石家さんまがロングインタビュー。「宇宙で何するの?」「いくらかかるの?」「遺書は書くの?」など直球質問しまくる。

 今回の宇宙旅行は、本人だけではなく社員も同行するという。2人分の驚きの費用額にさんまも思わず絶句。さらに「なんで宇宙に行きたいなんて考えるの?」と聞くさんまに「僕からするとハワイ行ってみたい、世界遺産を見に行きたいの延長がたまたま宇宙なだけ」と前澤節が飛出す一幕も。

 今回のスタジオ収録では、ロシアで宇宙へ飛び立つ前の最終調整に入っている前澤氏と中継を結んでトークを展開。ゲストの菅田将暉からは「宇宙でもネットを使えるって本当?」、滝沢カレンからは「宇宙だと、時間はどこの国に合わせているの?」、東野幸治からは「洗濯はどうすんの?」のといった素ぼくな疑問から、ダレノガレ明美からの「帰ってきたら、誰に一番最初に会いたい?」というプライベートに切り込んだ際どい質問にも“NGなし”で回答する。