俳優の田中圭、女優の中谷美紀が4日、都内で行われた映画『総理の夫』(公開中)の東京・パリ2都市生中継舞台あいさつに参加。中谷は美しいデコルテラインを見せる黒のドレスで登場した。

【動画】中谷美紀と田中圭、お茶目なふたり「素が出ちゃいました」

 山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞作家である原田マハの小説が原作。物語は、42歳・史上最年少にして初の女性総理が誕生した近い将来の日本が舞台。鳥類学者の夫は、総理となった妻を微力ながら支えようとするものの、史上初のファーストジェントルマンとして自らも担ぎ上げられてしまう。順風満帆だった夫婦生活は、結婚10年目にして激変。「政界」という未知の世界で奮闘する様が描かれる。

 ファーストジェントルマンとなった相馬日和を演じた田中は「奥さんの凛子さんを支えることに対しての疑問がない。当たり前に支えている。でも、ちゃんとそこに自分も存在していて、自分を乱しているワケじゃない。ちょっとの我慢が当たり前の感覚として入っている日和くんもステキ。また、それを自然にそうさせてくれる凛子さんもステキ」と役柄を語る。「どうしても『俺の方が我慢してる気がする』『お前だけ自由にやってないか』とかあるじゃないですか。でも、そうじゃなくて、呼吸をするように支え合いのバランスが変わる夫婦だなって。1つの理想のパートナーの在り方だと思います」とメッセージを発信した。

 この日は、原田氏のパリにある自宅の書斎と中継をつなげて舞台あいさつ。原田氏が「頭の中で中谷美紀さんを妄想していたので、中谷さんにこの役を演じていただくことが決まった時に『私の妄想がリアルになるの?』ってビックリしましたし、とてもうれしく思いました」と裏話を明かした。

 そんな話を聞いた中谷は「大変、おこがましいことで…」と恐縮。日本初の女性総理という相馬凛子役については「原田マハさんが書かれた凛子の姿が本当に一点の濁りもない清々しい女性。私利私欲ではなく、この国の未来を想っていた」と振り返る。「日和くんのせりふにもありますけど、たまたま女性だった。そして、たまたま理想を実現したいと思い、そのために必要なポストが総理大臣だった、というのがしっくり来た」と語ると、会場に集まった女性に向け「大変ですよね。みなさん、ご苦労ありませんか? 私は結構、苦労したんですけど(笑)。今では女性に生まれてよかったと思いますけど、そこに至るまでは悩んだり、失敗したり、紆余曲折ありました。でも、凛子に夢を託して、女性が輝き、生きやすい社会になったら。ひいては男性も子どもたちも、お年を召した方も全ての方が幸せになったらと思って演じていました」と込めた思いを語っていた。