人気グループ・なにわ男子の道枝駿佑、Snow Manの目黒蓮が5日、W主演する9日スタートのテレビ朝日系オシドラサタデー『消えた初恋』(毎週土曜 後11:30)の記者会見に登壇した。高校生の“勘違い”から始まるラブコメディーを描く今作では、道枝演じる青木が、目黒演じるクラスメイトの井田を“壁ドン”するシーンが登場。会見ではその場で再現することになり、お互いに至近距離で見つめ合うと道枝は「やっぱりちょっと慣れないです…照れちゃいます」と笑いを堪えきれず、初々しい感想を語った。

【写真】“消え恋”ポーズを披露

 青木が片思いするクラスメイト・橋下さん役の福本莉子と、青木の親友・あっくん役の鈴木仁が見守るなか、鈴木は「俺、井田の気持ちをずっとしゃべるから…青木をやっといて」と、福本とともに勝手に“アフレコ”。「緊張してるな、どうしよう」「こんな人前で壁ドン?」「近い…」と心の声を代弁されながら、パンチを繰り返す道枝とそれを避ける目黒とふざけ合いを開始。目黒は「僕も照れてたんですけど、2人の心の声が非常に的確で」と和やかな雰囲気を見せた。

 この撮影について、道枝は「壁ドンした時にパンチするんですけど、パンチした壁の繊維が刺さってドキドキしながらも手がチクチクしました。結構強くいっちゃったんですけど繊維も刺さって大惨事に…今はしっかり治りました」と裏話を公開。目黒も「僕もそれで道枝くんに『大丈夫?』って触ってたら僕の手もチクチクしてきちゃった」とお茶目なやりとりを振り返った。

 壁ドンのみならず、目黒が“青春”を感じたシーンで挙げたのが青木と相合い傘で下校するシーン。「僕自身ももちろん経験がなかったので新鮮な気持ちで演らせていただきましたし、青木が僕の方に傘を出してくれる優しさにドキドキしました」と初・相合い傘にトキメキ。道枝から「キュンキュンしました。かっこよかったので。雨を見てる姿がかっこよくて…」と褒められた目黒は「…いい人なんです!(青木も道枝も)どっちもいい人」とうれしそうだった。

 このほかにも、道枝と福本が“指切りげんまん”するシーンは福本いわく「予告でも使われていて、ファンのみなさんが『手の大きさが…(違う)』とかいろんな反響があった」そうで、その場でアクリル板越しに手の大きさを比べることに。すると、目黒と鈴木もなぜか「こっちはぴったり」と2人でうなずきあって、笑いを誘っていた。