リモートワークが増加し、働き方を取り巻く環境が大きく変化した中、ワークツールにも新たな需要が生まれている。こうした需要に対応するコクヨのワークツールブランド「BIZRACK(ビズラック)」シリーズから3つのアイテムが13日より発売される。

【画像】「これは便利!」挟むだけでコピー用紙がノートに早変わり、進化するビジネス文具の全貌

 第1弾商品として発売されるのは、コピー用紙で作る新しいノート『クリップノート』と、A4書類を2つ折りにしてコンパクトに持ち運べるファイル2種『2つ折りクリヤーブック』、『2つ折りドキュメントファイル』。これらは、「仕事で使用する書類やツールを持ち運びやすくしたい」「限られたスペースを有効に使って作業したい」といった、在宅勤務や通勤・移動時の持ち物への需要の変化に注目して開発された商品だ。

 『クリップノート』(550円、税抜き)は、新開発のとじ具で、クリップの開閉だけで穴を開けることなく、コピー用紙や書類を綴じられるクリップノート。ノートのようにページをめくったり書き込むことできる。また、印刷書類と一緒にまとめたり、順番を自由に差し替えることも可能。A4サイズのクリヤーホルダーよりも一回り小さく、薄型なので持ち運びにも便利。折り返しての閲覧や書き込みなど、省スペースでの使用にも適している。

 『2つ折りクリヤーブック』(600円、税抜き)は、A4サイズの書類を2つ折り(A5サイズ)でコンパクトに持ち運べ、必要な時にはA4サイズに広げてパラパラと閲覧できる。出し入れしやすいホルダー型ポケットと、パラパラめくって閲覧もできるサイドスローポケットの2種類のポケットを備え、書類に応じて使い分けが可能。また、ゴムバンドがついているため、バッグに入れた際等にも広がりにくくなっている。

 『2つ折りドキュメントファイル』(700円、税抜き)は、書類と小物類をひとまとめにできるファイル。ゴムバンド付きで、A4サイズの書類を2つ折り(A5サイズ)でコンパクトに持ち運べる。また、インデックス付きの仕切りで、書類を3つに分類して収容することが可能だ。ミニポケットには、厚さ8mmまでの小物を収容でき、イヤフォンやボールペン、ふせんなど、ちょっとしたツール類を書類とまとめて持ち運ぶことが可能。
 
 いずれも、オフィスでも自宅でも気兼ねなく扱えるスマートさと温かみを兼ね備えたデザイン。オフホワイト、オリーブグリーン、ブラウンブラックの3色展開。製品の詳細は公式ホームページ(https://kokuyo.jp/pr/bizrack)に掲載。