歌手・浜崎あゆみの14年ぶりとなるアジアツアー『ayumi hamasaki ASIA TOUR 2021-2022 A ~23rd Monster~』が2日、千葉・幕張イベントホールで開幕した。有観客のアリーナ公演は2019年に開催されたカウントダウンライブ以来約2年ぶり。初日は浜崎の誕生日とあり、全国各地からファンが駆けつけた。

【ライブ写真3点】43歳誕生日に開幕 14年ぶりアジアツアー

 セットリストはツアータイトルにもなっている最新曲「23rd Monster」やヒット曲の数々に加え、歴代のライブで歌われてこなかった”レア曲”をふんだんに盛り込まれた。終演後にはSNS上で「神セトリ!!」「とんでもないセトリ」「懐かしい曲、好きな曲盛りだくさんだった」といった興奮する声が続々と投稿されている。

 アジアツアー第1弾のスケジュールとして、10月2・3日の幕張2daysを皮切りに、愛知・名古屋、東京・代々木、兵庫・神戸公演の開催が発表されている。

■『ayumi hamasaki ASIA TOUR 2021-2022 A ~23rd Monster~』第1弾
11月6日(土):愛知・日本ガイシホール
11月7日(日):愛知・日本ガイシホール
12月30日(木):東京・国立代々木競技場第一体育館
12月31日(金):東京:国立代々木競技場第一体育館
▽2022年
1月29日(土):兵庫・神戸ワールド記念ホール
1月30日(日):兵庫・神戸ワールド記念ホール
※つづく