X JAPANのYOSHIKIが、バカラのアルクール・グラス180周年を記念した、デザイナーの一人に抜てきされ、オリジナルデザインのアルクール・グラスを制作。その作品が、2021年秋のパリ・ファッションウィークで公開された。

【写真】「バカラ」デザイナーの一人に抜てきされたYOSHIKIの作品

 バカラは、1764年にフランス・ロレーヌ地方で創設されたクリスタルのラグジュアリーブランド。そのバカラのアイコン的存在のアルクール・グラスは、六角形のベースと三つのボタンを持つ脚が特徴の時代を超えた現代的な作品である。

 ルイス・フィリップの時代に生まれたこのグラスは、約2世紀もの間、美食家たちの食卓に並び続け、今年で180周年を迎える。これを記念し、バカラはYOSHIKIをデザイナーとして選出した。

 YOSHIKIが手がける着物ブランド『YOSHIKIMONO』は、これまで複数回にわたり東京・ファッションウィークで新作を発表し、2020年には英ヴィクトリア&アルバート博物館や東京国立博物館に作品が展示されるなど、ファッション業界において大きな快挙を成し遂げている。その功績が認められ、今回YOSHIKIがデザイナーに抜てきされた。

 ロックとクラシックという相反する音楽性を持ち、さまざまな形で表現し続けているYOSHIKIは、その二面性を今回の作品に反映。正面からはグラスが燃えているように見え、 上からはバカラとYOSHIKIの愛する赤が濃淡を作り、毒のある花が咲いているように見えるという、東洋と西洋の関係を表すユニークなグラスになっている。

 YOSHIKIは「今回、バカラのアルクール・グラス180周年記念のデザイナーに選んでいただき、とても光栄に思っています。本命の音楽活動でも近々発表があると思うので、楽しみにしていてください。日頃から応援してくださるファンの皆さんに感謝しています」とコメントを寄せている。