日本映画だけでなく、海外作品にも数多く出演し、現在、出演作『MINAMATA-ミナマタ-』が公開中の浅野忠信が、中国映画の人気俳優グォ・ヨウと、世界的にも知られるチャン・ツィイーと共演した中国映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・上海』が10月22日からシネマート新宿(東京)で開催される「のむコレ’21」でのオープニング上映を皮切りに全国で順次公開される。中国オリジナル版キャラクター・ティザー予告と、本編で重要なキーとなる暗殺シーンの本編映像を紹介する。

【動画】映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・上海』暗殺シーン

 本作の舞台は、戦争の足音が聞こえる1937年の上海。この街で有力なマフィアのルー(グォ・ヨウ)は冷徹な判断である時は財力で、ある時は暴力で今の地位を維持していた。ルーの妹の夫ワタベ(浅野忠信)は日本人だが、上海暮らしも長くルーの良き参謀であった。ある日、日本の実業家がルーに商談を申し込んできた。それを知ったワタベはルーに日本とのビジネスは危険だと忠告する。

 後日、実業家は軍人を引き連れてやってきて共同銀行の設立を持ちかけた。ルーは丁重にその話を断った。提案を断られた男たちはほかのマフィアと手を組めば事が進むと判断し、ルーを暗殺することを計画する。

 キャラクター・ティザー予告の後に続く映像は、ルーがワタベの日本料理店で日本人実業家を迎え撃とうとする、映画本編の重要なシーン。血で血を洗う抗争が意外な結末となっていく本作品は、浅野演じるワタベが重要なキーパーソンとなっている。

 なお、本作でチャン・ツィイーが演じるは、上海マフィア界を牛耳るボスの妻リュー。俳優をしながら、奔放で派手な生活を送っていたが、時代の荒波は彼女の人生も飲み込んでいく。

(C)2016 HuayiBrothers Media Corporation Emperor Film Production Company Limited All Rights Reserved