人気アイドルグループ・ももいろクローバーZの百田夏菜子による、ニッポン放送のラジオドラマのプロジェクト『百田夏菜子とラジオドラマのせかい』(毎週金曜 深0:53)。10月のゲストに、ドランクドラゴンの鈴木拓が出演することが決定した。

【比較写真】パネルを見た本人たちも…「若い!」2011年のももクロ

 毎月ひとつのテーマを決め、客演となるゲストを迎えながら、百田が1対1でラジオドラマに挑戦。今回2人は「OLと不思議な妖精」「ケーキ屋の店主と客」「お笑いコンビ」「骨董店の店主と客」「社長と従業員」という異なるシチュエーションで5役に挑む。

 収録を終えてのアフタートークでは、お笑いの“間”についての話題に。ラジオドラマ内で漫才コンビの役に初挑戦した百田は「芸人さん独特の“間”の取り方や声の張り具合、抑揚の付け方が難しい」と鈴木に相談する。

 実際に漫才コンビを演じた時には、リハーサルで鈴木が百田の役も実演し、漫才のテンポやポイントを伝授。ももクロの大ファンである鈴木の相方、塚地武雅の話も飛び出し、鈴木は「塚っちゃんと漫才やればいいじゃん!」と百田に勧めていた。この模様は『百田夏菜子とラジオドラマのせかい』公式YouTubeチャンネルで、全5話の放送が終わってから公開される予定となっている。