俳優の田中圭、女優の中谷美紀が4日、都内で行われた映画『総理の夫』(公開中)の東京・パリ2都市生中継舞台あいさつに参加した。

【動画】中谷美紀と田中圭、お茶目なふたり「素が出ちゃいました」

 緊急事態宣言が解除され、満席となった劇場での舞台あいさつに。田中は「本日はありがとうございます。前回(の舞台あいさつ)は(客席の使用率が)50%。それでも、たくさんの方に来てもらえたなという感動があった」と振り返りながらも「久しぶりに100%を見ると、すごいですね。いっぱい! うれしいってなります」と笑顔を見せた。

 一方の中谷も「本当に感慨深い。足を運んでくださり、ありがとうございます」と観客に感謝。「公開できるかも、ずっと心配していた。なおのこと、こうして満場のお客様にお目にかかれて幸せです」としみじみ語っていた。

 山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞作家である原田マハの小説が原作。物語は、42歳・史上最年少にして初の女性総理が誕生した近い将来の日本が舞台。鳥類学者の夫は、総理となった妻を微力ながら支えようとするものの、史上初のファーストジェントルマンとして自らも担ぎ上げられてしまう。順風満帆だった夫婦生活は、結婚10年目にして激変。「政界」という未知の世界で奮闘する様が描かれる。

 この日は、原田氏のパリにある自宅の書斎と中継をつなげて舞台あいさつを行った。