俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第29回「栄一、改正する」が、あす3日に放送される。

【場面写真】慶喜(草なぎ剛)はゆっくりとした時間を過ごす

 前回、新政府から大蔵省への出仕を求められた篤太夫(吉沢)は、直接断るため東京へ向かう。篤太夫は、伊藤博文(山崎育三郎)の案内で大隈重信(大倉孝二)を訪ね、早速辞任を申し出るが、大隈は“なぜ今新政府に、君が必要なのか”と立て続けに話し、篤太夫は完全に言い負かされる。一方、慶喜(草なぎ剛)は、ようやく謹慎を解かれ宝台院を出た。慶喜は「自分のことは忘れて日本のために尽くせ」と篤太夫に最後の命を下す。

 今回、明治政府に出仕した栄一は、各省の垣根を超えた特命チーム“改正掛(かいせいがかり)”を立ち上げ、杉浦譲(志尊淳)や前島密(三浦誠己)を静岡から呼び寄せる。改正掛は、租税の改正、貨幣や郵便制度の確立など、新たな国づくりのためまい進するが、旧幕臣の活躍を快く思わない一派との対立が生まれてしまう。

 そんな中、栄一は、久しぶりに惇忠(田辺誠一)と再会。惇忠は、新政府に平九郎を殺された傷を抱えていた惇忠に、栄一は、ひそかに温めていた提案を切り出す。