「第34回東京国際映画祭」クロージング作品に選ばれた、ミュージカル映画『ディア・エヴァン・ハンセン』(11月26日公開)の予告映像&場面写真が解禁となった。

【動画】映画『ディア・エヴァン・ハンセン』予告編

 第71回トニー賞6部門(主演男優賞、作品賞、脚本賞、楽曲賞、助演女優賞、編曲賞)、第60回グラミー賞(最優秀ミュージカルアルバム賞)、第45回エミー賞(デイタイム・クリエイティブ・アーツ・エミー賞)を受賞したブロードウェイ・ミュージカルを映画化。1通の手紙と“思いやりのうそ”をきっかけに、主人公の少年が人とのつながりや<本当の自分>に気づくまでの過程を描く。

 予告映像は、“Dear Evan Hansen”とエヴァンが自らに宛てて手紙を書くシーンから始まる。なかなかなじめず孤独な学校生活を送るエヴァンが“こんな人生じゃなければ…”と嘆くなか、ベン・プラットが歌う「Waving Through a Window」が流れ出す。この曲は舞台版で隠れた名曲として人気が高く、米ダンスクラブソング・チャートで1位を獲得。世界の歌姫・ケイティ・ペリーなど多くのアーティストがカバーしている。

 自分の殻を破り一歩踏み出したいと悩むエヴァンは、同級生のコナー(コルトン・ライアン)と出会う。コナーは骨折してしまいギプスをつけているエヴァンに「ギプス真っ白じゃん」と話しかけ、「これで親友のフリができるな」と自分の名前を書き残す。

 そんなある日、突如コナーの死を聞かされたエヴァン。コナーの両親がエヴァンのギプスを見て息子の親友だと誤解してしまうものの、2人がこれ以上傷つくことを恐れ、とっさにうそをついてしまう。エヴァンがついた“思いやりのうそ”は多くの人々の共感をうみ、SNSにて拡散。エヴァンの人生を大きく変えていくことに。

 代表曲「You Will Be Found」とともに<君はひとりじゃない>という強いメッセージが深く響き、人々とのつながりを通して自分を見つめ直すエヴァンがたどり着く、感動の結末を予感させる内容となっている。

 さらに、主人公のエヴァンを中心に、ジュリアン・ムーア演じるエヴァンの母親ハイディ・ハンセンや、エイミー・アダムスら演じるコナーの家族たちの姿、コナーがエヴァンのギプスに名前を書くシーンなど、印象的な劇中の名シーンを切り取った場面写真も6点掲載。