俳優の岡田将生が主演、ヒロインの妹役に川口春奈を迎え、韓国オールロケで撮影された入江悠監督の新作映画『聖地X』に、緒形直人、真木よう子、渋川清彦、山田真歩、薬丸翔が出演していることが明らかになった。また、11月19日に劇場・配信同時公開されることが決定。ポスタービジュアル、予告編も解禁となった。

【写真】緒形直人、真木よう子ら今回発表されたキャスト

 イキウメ(主宰:前川知大)の人気舞台が原作。『犬鳴村』、『樹海村』で驚異の大ヒットを叩き出し、『牛首村』の公開を控えるプロデュースチームと、『22年目の告白−私が殺人犯です−』『見えない目撃者』などを手掛けるロボットが企画。『犯罪都市』『悪人伝』など数々の韓国映画を手掛けるB.A.エンタテインメントが参加し、ロボットと共同制作。パク・イヒョン パク・ソユン キム・テヒョンら韓国キャストも加わり、オール韓国ロケならではの世界観を彩る。

 夫との生活に嫌気がさし、離婚を決意した東要(川口)は日本を飛び出し、兄の山田輝夫(岡田)が住む韓国の別荘へと足を向けた。突然妹が来たことに驚く輝夫だったが、夫のだらしなさを聞き、傷がいえるまで共に韓国で過ごすこととする。しかし、それは悪夢の幕明けだった――。

 韓国の商店街で日本に残してきた夫の滋(薬丸)を見かける要。その後を追ってたどり着いたのは、巨大な木と不気味な井戸を擁する和食店。無人のはずの店内から姿を現したのは、パスポートはおろか着の身着のまま、記憶さえもあやふやな滋だった。

 輝夫と要は別荘で滋を取り押さえ、東京にいる上司の星野(真木)に連絡すると、滋はいつも通り会社に出勤しているという。では輝夫と要が捕まえた滋のような男は一体誰なのか? さらに、妻の京子(山田)が謎の記憶喪失に襲われた和食店の店長・忠(渋川)は、「この店やっぱり呪われているかもしれません」と言い出す始末。日本人オーナー江口(緒形)いわく、店の建っている土地では、過去にも同じように奇妙な事件があったことがわかってくる。

 知らず知らずのうちに巨木と井戸が目印の名もなき「聖地X」に足を踏み入れていた二人。そこに入った者は精神を病み常軌を逸して、奇妙な死を遂げていく…。有能な祈祷師が祓いを試みるも太刀打ちできず、悪夢はひたすら続く。輝夫と要たちはこの「聖地X」で起こる数々の惨劇から逃れ、忌々しい土地に根付く「約束された死」から解放されることはできるのか。 

 予告編では、韓国で暮らすことになった兄妹が、呪われた“聖地”で次々と怪異に襲われていく様子を見ることができる。そして、同じ人間が同じ時間に別々の場所にいることがわかり、狂気が加速。そう、ここには誰も来てはいけない。きっと「私」に殺される――。足を踏み入れてしまったものたちが逃げられない“聖地X”に戦慄する予告編となっている。