俳優のリリー・フランキー、女優の伊藤沙莉が1日午後11時15分から放送される特番『ザ・ニュージックビデオ』に出演。ミュージックビデオ(MV)が存在しない昭和の名曲の新しいミュージックビデオ=ニュー(new)ジックビデオを、新進気鋭のクリエイターたちが製作。MCは昭和歌謡の造詣が深いリリーと、バラエティ番組のMC初挑戦となる伊藤の2人。世代の離れた2人が昭和歌謡について息の合ったトークで進行していく。

【写真集カット】大きめの白シャツをまとい、美しい横顔を見せた伊藤沙莉

 登場するクリエイターは、世界的ファッションブランドのプロモーションイメージの制作を手掛けるアーティストのシシヤマザキ。シシヤマザキが選んだ楽曲はチェッカーズ「ジュリアに傷心」。1985年オリコンCDシングル年間売上ランキング1位を獲得した名曲で、リリーも「この曲好きなんだよ、なんかブチ上がる(笑)」というポップな楽曲をシシヤマザキがどんなMVに仕上げるのか。シシヤマザキの作業現場にも密着。一風変わった制作現場で作品を作り上げるMVの出来栄えは。

 さらに、2019年に制作したYOASOBI「夜に駆ける」のMVがYouTubeの再生回数2億4千万回を突破したアニメーション作家・漫画家の藍にいなも登場。リリーが以前から注目していたという藍にいなが手掛けるのは、透明感のある声で今も若い世代に歌い継がれる太田裕美「木綿のハンカチーフ」。独特な色合いと世界観を描き出す藍にいなは、歌詞に登場する2人の男女をどのように描くのか。さらに今回、作詞家・松本隆に歌詞にこめられた想いや当時の時代背景を、藍にいな自身がインタビュー。貴重な話は、MV制作にも大きく反映されている。

■コメント
【リリー・フランキー】(伊藤とは)前にドラマで親子の役をやっていましたから、娘と番組ができるという感じがして懐かしかったです。いろいろなサブスクが解禁になり、10代、20代の人が、ものすごく昭和の歌謡曲に詳しくなっているんですよね。いいものがちゃんと掘り起こされる環境になって、とてもいい企画だと思います。

 若い人の才能と、ベテランの人たちの才能が同じ場所で見られるのが一番いいと思いました。何年か前の音楽も、最先端の今の音楽も、今は同じお皿の上に載っていますよね。味付けがなかった時代のものを、今の調味料で食べるように、本当にすごく選びやすく、耳にとても栄養のある時代になっていると思います。それにプラスまた映像が付くことで、よく知っている楽曲が全然、違う伝わり方をするのを見て、これからもっとこれ増えていくだろうなと思いました。

【伊藤沙莉】私は詳しくはないんですが、昭和歌謡曲が好きなんです! 最近、若い子もいっぱい聴いたり、歌ったりとかしている中で、また新しい才能との合体でいいものがちゃんと伝わって、さらにいいものとして広まっていくのはすごくいいですね。明るい未来な感じがします。いいバトンが受け継がれている感じがしました。楽しかったです!