人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が主演を務める、NHK総合の土曜ドラマ『正義の天秤』(後9:00~9:49 全5回)。あす2日に放送される第2話に、笠松将がゲスト出演することが1日、発表された。

【場面写真】容疑者・楠田隼人を演じる笠松将

 本作は、医師から転職した天才弁護士・鷹野和也(亀梨)が、冤罪(えんざい)の悲劇に苦しみながらも数々の難事件の真相を暴き、事件にかかわる人びとの魂を救う本格法廷ミステリー。その鷹野とチームを組む師団坂法律事務所のメンバーとして、奈緒、北山宏光、大政絢、佐戸井けん太が出演している。

 第2話では、6年前の傷害事件で評議を下した裁判員を、被告人が逆恨みして殺害するという事件が起きる。笠松が演じる容疑者・楠田隼人が山内愛理沙(森迫永依)を殺害した理由は彼女のブログ。普段はスイーツの記事をアップしているが、最後の更新日のみ、6年前の裁判の評議内容に触れていた。当初は、山内が裁判員としての守秘義務違反を犯した末に起きた悲劇だと思われていたが、鷹野らの調査の過程で、山内の実像が明るみになるにつれ、事件の真相は全く違ったものとなっていく。

 笠松は「正義だと思ってたことが、実はそうではなかった。僕もこれまでの人生で何度も経験しました。監督をはじめ、亀梨さんが僕の安定しない芝居を何度も受け入れてくださって、この作品の中でたくさんのチャレンジができました。現時点での僕の精いっぱいの正義を、ぜひお楽しみください」とアピールしている。