吉本興業は9月30日、緊急事態宣言解除を受け、10月1日以降の全国14常設劇場と1拠点の公演などについて、観客収容率を設定せず、舞台から前2列を必ず空けると発表した。また終演時間は基本的に午後9時までとする。

【写真】感染拡大防止に努めた運営をしているなんばグランド花月

 公式サイトによると「各都道府県の指針に則り、10月1日(金)より、観客収容率を設定せず、舞台から前2列を必ず空けることとします。終演時間は基本21時までとします」と説明。「ただし、施設の方針等で終演時間が異なる場合がありますので、各劇場、公演のホームページでご確認ください」としている。

 また「当社は、政府や地方自治体の要請や指針に則り、お客様、タレント、従業員および関係者の健康、安全を最優先に、マスクの着用・手指の消毒の徹底、場内での飲食禁止など感染予防対策を引き続き徹底するとともに、感染状況の推移を注視し、柔軟に対応してまいります」とコメントした。