10月1日放送のTBS系バラエティー『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(後8:57~10:54)では、2時間スペシャルで大好評の事務所シリーズ第4弾として「太田プロ大集合SP!」を放送。ダチョウ倶楽部、土田晃之、劇団ひとり、指原莉乃、具志堅用高、野呂佳代、神奈月、アルコ&ピース、宮下草薙、ヴァンゆんというメンバーをスタジオゲストに迎え、太田プロの魅力を2時間たっぷり紹介する。

【番組カット】指原莉乃やヴァンゆんも登場!

 で事務所シリーズはこれまで人力舎、ワタナベエンターテインメント、青二プロダクションを特集し、どの回も好評となった企画。今回はダチョウ倶楽部の上島竜兵を中心とした「竜兵会」が一夜限りの再集合し、有吉弘行も参戦。還暦を迎えた上島にメンバーからプレゼントが送られる。

 250人以上のタレントを抱える太田プロの中でも、多くのバラエティー番組で活躍し、お茶の間でおなじみとなっている有吉と劇団ひとりの2人は、意外と知られていないが実は同じ日に入所した完全同期で、ライバル関係にあった。有吉が出演し当時社会現象を起こした『進め!電波少年』のヒッチハイクの旅企画には、劇団ひとりもオーディションを受けており、「悔しくて、悔しくて…」と普段は滅多に語らない有吉へのライバル心を劇団ひとりが吐露する。「若手時代、めちゃくちゃウケていた」と語る劇団ひとりと、TBSに残る秘蔵の「有吉弘行、劇団ひとりのTBS初登場映像」も公開される。

 過去に所属していた爆笑問題も登場し、太田プロにスカウトされデビューした時の秘話を告白するほか、ビートたけしや山田邦子など過去に太田プロに所属していた大御所のエピソードも明らかに。また、つい最近まで行われていた「給料手渡し制度」の実態や、宮下草薙が大失態を犯した大御所俳優へのインタビュー映像も披露される。

 そして、現在大手芸能事務所へと成長した太田プロの誕生秘話を、超豪華俳優陣により再現ドラマ化。プロダクションを作った夫婦を演じるのは、太田プロ所属の大島優子とつるの剛士。さらに太田プロ俳優部の全面協力で、再現ドラマのクオリティーを超えたスペシャルドラマが完成した。