フリーアナウンサーの鷲見玲奈が、7日発売のフィットネス総合誌『Tarzan』(マガジンハウス)に登場する。

【写真】美スタイルの秘訣?必死の形相で筋トレに励む鷲見玲奈

 フリーアナウンサーとしてのみならず、コント番組でコミカルな一面を見せるなど、活躍の幅を広げ続ける鷲見アナ。サッカー、バスケットボール、ダンスなどさまざまなスポーツに親しんできた彼女に早くから注目してきた同誌は、今年5月発売の「可動性UPストレッチ」特集では表紙に抜てき。そして今回、異例ともいえる今年2度目の表紙が実現した。

 また、同号からは、鷲見アナがフィットネスやヘルスケアに挑戦する新連載がスタート。第一回目は特集に合わせて「RUN」がテーマ。トレーナーに走りを分析しつつ、納得が行くまで何十回も走って撮影した渾身の表紙に注目だ。

 鷲見は「昔、ダイエットのためにジムのトレッドミルで走るのを習慣にしていたことがありました。皇居ランにも挑戦したことがあります。ただ正直、長距離を走る前は毎回億劫で、どちらかというと苦手……。今回、改めてトレーナーさんに自分のランニングを分析してもらい、意外な弱点が発見できたことが収穫です。これから課題に取り組んで、ラクに楽しく走れるスミを目指します!」と力を込めている。