俳優の市原隼人が給食マニアの教師に扮するドラマ『おいしい給食season2』(全10話)の予告編(2種類)とポスタービジュアルが解禁となった。

【動画】『おいしい給食2』予告編(2種類あり)

 同ドラマは、1980年代のある中学校を舞台に、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原)と、給食マニアの生徒・神野ゴウ(佐藤大志)による、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く、笑って泣ける学園グルメコメディ。2019年10月期に放送されたseason1、20年3月に公開された『劇場版 おいしい給食 Final Battle』の2年後を描く。

 ポスタービジュアルは、給食マニアの教師・甘利田が先割れスプーンではなく、箸をもって給食に挑もうとする姿で登場。学年主任・宗方早苗役を演じる土村芳、2年ぶりにバトルを繰り広げるゴウ役の佐藤、そして甘利田が担当する3年1組の生徒たちと、懐かしの給食が散りばめられ、「メシませ快食」というコピーが添えられた。前作は鯨の竜田揚げ、ミルメーク、ソフトめんなど懐かしの給食が毎話登場したが、今回はどのような給食が登場し、どのようなバトルが繰り広げられるのか、期待が膨らむビジュアルとなっている。

 予告編映像は「帰ってきた給食マニア篇」と「給食バトルの予感篇」の2種類。『劇場版 おいしい給食 Final Battle』で給食の廃止を巡り転勤になった甘利田。黍名子(きびなご)中学校に赴任して2年が経っていた。相変わらず生徒達には厳しく接する厳格な教師、しかし頭の中はもちろん給食の事しかない。

 「帰ってきた給食マニア篇」では、毎朝献立を執拗に確認し、ランチタイムに万全を期す甘利田が、給食の話になると椅子を尻ドンで吹っ飛ばし、列に並び戯れる生徒をおしのけ、偏った給食愛を再び爆発させる。

 「給食バトルの予感篇」では、甘利田が、「ヤツとの闘いが始まろうとしている」と呟き、成長したライバルとの因縁のバトルを予感させる。そして、甘利田が給食を食べた時にでる喜びのダンスも健在だ。

 同ドラマは、10月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかにて順次放送。