俳優の佐藤二朗が主演する映画『さがす』(2022年公開)が、アジア最大規模の映画祭である「第26回釜山国際映画祭」ニューカレンツ(コンペティション)部門へ出品されることが決定。ニューカレンツ部門は、アジアの新進気鋭の映画監督の1~2作目が対象となる部門。本作は、長編映画監督デビュー作『岬の兄妹』で国内外から評価を受けた片山慎三監督の長編2作目となる。また、ティザービジュアルと場面写真も到着した。

【場面写真】物語のカギとなるシーンばかり

 ティザービジュアルは韓国のデザイン会社Propaganda(プロパガンダ)がロゴ・超ティザービジュアルに続いてデザインを担当。メインキャストが背を向けて顔を見せないという斬新さで、本作の異様さを醸し出し、サスペンスフルな展開を予感させる。ユーモラスなパブリックイメージを封印した佐藤の新境地に期待が膨らむビジュアルだ。

 「指名手配中の連続殺人犯見たんや」 そう告げた父は、娘を残して姿を消した。――というコピーそのものから始まる物語。指名手配犯の張り紙が一面にずらっと貼り付けられた壁の前で、正面を向くのは消えた父・智(佐藤)。その表情からは感情が全く読み取れない。しかし、佇まいは不穏な空気をまとっている。

 一方で伊東蒼演じる娘・楓は背を向けて、指名手配犯のチラシを見つめながら智の隣に立っている。父が消え、ひとり残された彼女はいったい何を思うのだろうか? 孤独と不安を押し殺しながら、父の行方をさがし始める楓の視線の先には、指名手配中の連続殺人犯・山内(清水尋也)の手配チラシが…。300万円の報奨金がかけられた彼と、父娘はどのようなかかわりを持つのだろうか?

 場面写真は、楓の前で肩を落とす智の姿や、連続殺人犯・山内と楓が対峙している場面、車イスに乗るムクドリ(森田望智)の後ろでどこか不安そうに電話をかける智の姿など、いずれも本作のカギとなるシーンを切り取ったものとのことだ。