世界で人気がある「スター・ウォーズ」の生みの親、ジョージ・ルーカスが生み出した、スター・ウォーズ史上最強の賞金稼ぎボバ・フェットを主人公に、今まで謎に満ちていた彼の数々の真実が明かされるオリジナルドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』が、12月29日午後5時よりディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」独占で日米同時配信開始されることが発表された。同作で初めて公開される画像となる、玉座に座る豪然たる姿のボバ・フェットが圧倒的な存在感を示すUS版ビジュアルも解禁となった。

【画像】『マンダロリアン』登場シーン、声は金田明夫

 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』で初登場した伝説のキャラクター ボバ・フェットは、銀河一の賞金稼ぎジャンゴ・フェット(『エピソード2/クローンの攻撃』に登場)のクローンとして生まれた“息子”(※ジャンゴの純粋なクローンとして誕生し、息子として育てられた)。

  幼い頃から戦闘スキルと格闘技を学び、“父”ジャンゴから受け継いだ特注のマンダロア・アーマーや、殺傷能力の高い武器を駆使する傭兵であり、シスの暗黒卿ダース・ベイダーや犯罪王ジャバ・ザ・ハットに認められ銀河に名を轟かせた伝説の賞金稼ぎだ。

 『エピソード6/ジェダイの帰還』でルーク・スカイウォーカーやハン・ソロとの戦いの最中に命を落としたと思われたが、ディズニープラスで独占配信中の『マンダロリアン』チャプター14:悲劇(シーズン2・第6話)で再登場し、彼がアーマーを失いながらもなんとか生き延びていたことが発覚。伝説のキャラクターの帰還に世界中の「スター・ウォーズ」ファンが歓喜の声をあげた。

 ジョージ・ルーカスは「人気が出ると知っていたらもっと活躍させて、彼が迎える最期もカッコよくしたかった」と、後悔を公言するほど高い人気を獲得しているボバ・フェット。「クローンの攻撃」ではジャンゴ・フェットを演じ、『マンダロリアン』からはボバ・フェットを演じているテムエラ・モリソンは「あまり多くは言えないのですが、今作では『帝国の逆襲』以降の彼の過去を、彼の旅を知る事ができます」とコメント。伝説的な人気キャラクターだけにボバ・フェットはサルラックからどのように脱出したのか? ダース・ベイダーとはどんなやり取りがあったのか? などの謎が明かされるのか? といった数々の憶測が生まれており、「もっと活躍させたい」と願ったジョージ・ルーカスの夢も相まってファンの期待値は高まるばかりだ。

■ボバ・フェットの略歴

▼『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
 銀河一の賞金稼ぎジャンゴ・フェットの完全なクローンで、彼の“息子”として登場。まだ子どもながらも宇宙船スレーヴ1の出発の準備、さらには追ってきたジェダイ オビ=ワン・ケノービにブラスター砲を発射するなど戦闘能力の高さを見せた。その後、“父”ジャンゴはジオノーシスの戦いの中でジェダイ・マスターのメイス・ウィンドゥに殺されてしまう。戦闘が終了した後、幼いボバ・フェットはジャンゴのアーマーのヘルメットを声もなく拾い上げる姿は観客の涙を誘った。

▼『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
 ダース・ベイダーからの依頼を受けハン・ソロを捕えるためにミレニアム・ファルコン号を追跡。ダース・ベイダーと共にハン・ソロらを罠にはめ捕える。カーボン凍結されたハン・ソロをタトゥイーンのジャバ・ザ・ハットに届けた。圧倒的な存在であるダース・ベイダーに、唯一対等な口調で異を唱えるボバ・フェットの姿は観客に強烈な印象を与えた。

▼『スター・ウォーズ エエピソード6/ジェダイの帰還』
 ジャバ・ザ・ハットの用心棒として雇われており、ハン・ソロを救出するためにタトゥイーンに来たルーク・スカイウォーカーらと交戦。解凍されたばかりで、まだ目の見えていないハン・ソロの闇雲な攻撃がボバ・フェットのジェットパックに偶然接触。その誤作動で砂漠の大穴に生息する大型の危険な種族“サルラック”に飲み込まれてしまう。

▼『マンダロリアン』
 『ジェダイの帰還』から5年後、アーマーを失いながら“サルラック”から生還し(チャプター14:悲劇※シーズン2・第6話)に登場。“父”ジャンゴから受け継いだ自身アーマーを取り戻すため、マンダロリアンを追跡。マンダロリアンからボバ・フェットがアーマーの正統な所有者だと認められ、ザ・チャイルドこと“グローグー”の安全の保障と引き換えにアーマーを受け取る。最終話のエンドクレジット後にはフェネック・シャンドと共にジャバ・ザ・ハットの宮殿を襲撃。ビブ・フォーチュナを撃ち殺し、宮殿の支配者となった姿が──。