一昨年から始まった国内のミスコンテストの決定版『2021ミス・ジャパン』最終選考会が29日、都内で開催され、ファイナリスト49人から神奈川県代表のダンサー・小山麻菜さん(こやま・まな/23)がグランプリに選出された。

【写真】いとこは元E-girls・楓!花束を受け取る小山麻菜さん

 『ミス・ジャパン』は、国内のミスコンテストの決定版として、一昨年から新しく開催された年間のページェント。グランプリは、1年間にわたり公式イベントやチャリティー活動に従事する。今年は地方大会などを勝ち上がったファイナリスト49人が出場した。

 審査は、1stセッションでカジュアルウェアを着てウォーキング。そこでTOP17が決まり、2ndセッションのドレスウォーキングなどでTOP5が決定。その後、ドレス審査と質疑応答を経て、3代目のグランプリが決まった。

 グランプリ決定の瞬間、小山さんは両手で顔を覆い感涙。光輝くティアラをつけると一転、喜びの表情を見せた。スピーチで小山さんは「ダンスという言葉を使わずに自分を表現する世界にいます。その中で、この半年間、『ミス・ジャパン』を通し、言葉を使って相手に届けることを学んできました」と振り返る。

 そんな練習の成果を見せるはずだった最終審査の質疑応答では、うまく返答できず。「先程の質疑応答では半年間、学んできたことを発揮できませんでした。とても悔しい思いでした」と悔し涙を見せながらも「グランプリをいただけたので、行動でこのグランプリを皆様に示していけたらいいなと思います。本当に、ありがとうございました」と話し、締めくくった。