俳優の武田鉄矢(72)、麻生久美子(43)が9月30日、都内で行われた『東洋水産「赤いきつね 緑のたぬき」』の新CM発表会に出席した。

【動画】会場が感動!ピアノを生演奏したハラミちゃん

 新CMは、武田が「赤いきつね緑のたぬき 思い出博物館」を訪れ、これまでの歴史を振り返るというノスタルジックな内容。麻生は、若かりし頃の武田の妻役として回想シーンに登場する。

 今回が初共演となる2人。武田が「清楚で美しい方で見とれておりました」と目を細めると、「ありがとうございます」と頬を赤らめた麻生は「小さい頃から見ていたCMに自分が出させていただくことが夢のようです。今でも信じられないですが、出来上がったCMは温かい雰囲気で、とてもすてきな仕上がりになりました」と感無量の表情で語った。

 さらに「コロナ禍でハマったこと」を問われた武田は「縄跳びとけん玉、リップスティックボードですね」と、アクティブな一面を告白。

 特に腰をひねりながら前に進むリップスティックボードは「公園に一人で『72歳、真夏の冒険!』って掛け声でやってますよ」といい「そうすると、スケボーをやってる若い人が道を開けてくれる。爺さんがスティックボードで来るもんだから怯えるんですよ(笑)」と笑いながら明かす。これに麻生は「乗れるんですか!? すごーい!」と驚きつつ、リスペクトのまなざしを向けていた。