女優でフリーアナウンサーの田中みな実が、10月4日スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(毎週月曜 後9:00)のスペシャルゲストとして出演することが決定。月9ドラマ初出演を果たす今回、主演の窪田正孝との初共演、医療ドラマ初出演、初の音楽家役と、初物づくしとなる。

【写真】初月9で天才ヴァイオリニストを演じる田中みな実

 本作は『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックを実写化。写真には必ず“真実”が写ると信じている主人公の診療放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)をはじめとする“縁の下のヒーロー”たちが、放射線科“ラジエーションハウス”に身を置きながら、患者の病、ケガの根源を見つけ出す戦いを描く。

 田中が演じる宝生真凛(ほうしょう・まりん)は、天才バイオリニスト。コンサートの開催を発表すれば、チケットは即完売。この日のコンサートでも、美しい音色を奏でていた真凛だったが、突如ステージ上で倒れ込んでしまう。騒然となる音楽ホール。すぐさま甘春総合病院に運ばれるが、どの検査でも異常を見つけることができない。しかし一方で、真凛の左手の力はどんどん失われていき、もう二度と演奏できなくなるのではないかと、引退報道までささやかれてしまうことに。真凛の身に一体何が。

 今回の出演を受けて、田中がコメントを寄せた。

――天才バイオリニスト役を演じるにあたって

最初、どの程度バイオリンを弾ける状態が望ましいのだろう…と不安でした。

――楽器の経験は?

子どもの頃にピアノ、バイオリン、クラリネットを習っていたのですが、“やらされていた”感覚で、決して好きではなかったんです。特に苦手だったバイオリンにここでまた挑戦することになろうとは。役者の仕事はおもしろいなと感じました。

――バイオリンの腕前は?

安定した音を出すだけで難しい楽器なので、かなり苦労しました。実際にバイオリンをやられている方々も今作をご覧になるかもしれないので、不自然にみえないように練習を重ねました。

――“月9”という枠のイメージは?

今も昔もドラマを見るのが大好きで、“月9”は欠かさず見ています! 私が学生の頃の“月9”はラブストーリーが多かった気がします。“木村拓哉さんが出ている”のが“月9”というイメージもありました。特に、『HERO』第1期(2001年1月期)は強く記憶に残っています。『プライド』(04年1月期)や『エンジン』(05年4月期)も大好きで繰り返し見ていました。

――そんなテレビで見ていた“月9”に初出演することについて

ドラマ好きにとって、“月9”はある種のブランドみたいなところがあって、そんな枠に出演することができて、とてもうれしく思います。両親はきっと“月9に出るのー!?”って喜んでくれると思います。親孝行になりました!

――女優としての今後の目標は?

目標を掲げられるレベルにも達していなくて…。与えていただいた目の前のお仕事を一つひとつ着実にやっていけたらと思っています。やっていくうちに、何かしらの目標が見つかるのかもしれません。

――視聴者へのメッセージ

数ある医療ドラマがある中でも、『ラジエーションハウス』は、明るく、テンポがよくて、それでいて心がじわっと温かくなるような、そんな作品だと思っています。放射線技師の視点というものもまた興味深く、ラジエーションハウスの横並びの席で繰り広げられるみなさんの軽快なやりとりが可笑(おか)しくて大好きです。一視聴者として、シーズン2を心待ちにしていたので、前作からのファンも、見たことがないという方も、ぜひご覧ください!