マルイのネット通販サイト「マルイウェブチャネル」とフリマアプリ「メルカリ」がデータ連携を開始。「マルイウェブチャネル」への「メルペイネット決済」導入と、同ECサイト上で購入した商品(※)を「メルカリ」の「持ち物リスト」機能へ連携することを決定した。

【画像】マルイ「一次流通と二次流通をつなげる」連携の取り組み

 マルイとメルカリは、2020年2月の業務提携以来、新宿マルイ 本館をはじめとする一部店舗での「メルペイ」決済導入や、「メルカリ」を“体験しながら学べる”リアル店舗「メルカリステーション」を全国11店舗(期間限定店舗を含む)にオープンするなどの連携施策を実施してきた。

 今回は連携は、業務提携から生まれたシナジーをさらに進め、マルイ・モディでのメルカリステーションの多店舗展開によって活性化した「一時流通と二次流通の融合」というオンライン・オフラインの垣根を越えた体験をさらに向上させるべく生まれたもの。「マルイウェブチャネル」で「メルペイネット決済」をした商品を使用し、役目を終えたら「メルカリ」の「持ち物リスト」で出品、そして新たに商品を購入するという”シームレスなサイクル”を生み出すことで、ユーザーの利便性が上がることを目的としている。そしてオンライン上での相互送客により、両社のシナジー最大化を目指すという。

※:一部対象外の商品を含む