人気グループ・Kis-My-Ft2の北山宏光、千賀健永、横尾渉が、30日放送のMBS・TBS系バラエティー『プレバト!!』(後7:00)の3時間スペシャルに出演する。四季ごとに芸能界の俳句王を決定する俳句タイトル戦『金秋戦』では唯一の特待生3級の北山が「ダークホースとして優勝を狙う」と気合を入れて掲げる。果たして、大番狂わせなるか。番組初の“動くアート”査定『パラパラ消しゴムはんこ』&『水彩画コンクール』も大激戦を極める。

【写真】秋の俳句の頂上決戦『金秋戦』決勝を送る

 『金秋戦』では北山のほか、名人7段となる横尾渉、永世名人の梅沢富美男、東国原英夫、10段のフルーツポンチ・村上健志、7段の千原ジュニアに加え、予選を勝ち上がった10段のFUJIWARA・藤本敏史、5段の中田喜子、4段の立川志らく、初段の森口瑤子ら計10人が激突。お題は「バッテリー切れ間近」という過去最高の難易度にも関わらず、夏井いつき先生が「さすがタイトル戦だと感心しています!」と絶賛する傑作俳句が続出。千賀は観戦ゲストとして見守る。

 また『パラパラ消しゴムはんこの査定ランキング』は、「消しゴムはんこ」の名人・特待生の千原ジュニア、野性爆弾・くっきー!、南海キャンディーズ・しずちゃん、馬場典子、三山ひろしの5人が参戦。査定のポイントは「はんこの技術」に加え「ストーリーの伝わりやすさ」「アイデア」の3項目。約100枚の紙にはんこをズラして押すなど創意工夫を凝らすことで、パラパラ漫画のような驚きのアニメーション作品を生み出す。

  消しゴムはんこでは最高位の名人4段・ジュニアは「めちゃくちゃ楽しかった。先生に届くか、あえて挑戦した」、芸術系査定5部門で特待生のくっきー!も「夢中になって、気づいたら100枚をオーバーしてましたわ」とノリノリ。躍動感あふれる作品の数々に、田口奈津子先生も「こんなにスゴいのを作られるとは思わなかった。誰が1位でもおかしくない」と驚く。果たして、初の栄冠に輝くのは一体誰なのか。

 「水彩画査定」の名人・特待生が頂点を争う『秋の水彩画コンクール2021』は、アンミカ、光宗薫、田中道子、辻元舞、くっきー!、ナイツ・土屋伸之、中川大輔の7人が「東京の躍動感ある風景」を題材に激突。優勝経験のある“三強”の1人、アンミカは「初めて優勝したのが秋なので、絶対に獲りたい!」。光宗は「前回の2位が悔しかったので頑張りました。自信あります!」、前回優勝の辻元も「もちろん2連覇を狙っています!」と気合十分。勝負は野村重在先生をうならせる過去最高の傑作が続出。番組始まって以来の大激戦を制するのは“三強”か。それとも新たな王者が誕生するのか。