人気アイドルグループ・日向坂46の影山優佳が、人気サッカーゲーム「FIFA」シリーズの最新作『FIFA22』日本アンバサダーに就任した。豊富すぎるサッカー知識で注目を集める“新・サッカーの女神”が、また新たなジャンルでサッカーを盛り上げる。

【ソロカット】ユニフォーム姿がかわいい!影山優佳&東村芽依&松田好花

 両親がサッカー好きという影響で、自身のブログや出演番組などで深いサッカー愛を表現してきた影山。サッカーアニメ『さよなら私のクラマー』プロジェクト応援マネージャー、DAZN「AFCアジア予選」応援アンバサダーなどに就任し、サッカーの魅力を発信してきた。

 今回の『FIFA22』アンバサダーとして「いつも楽しみながらプレイさせていただいているFIFAを、今度は私が魅力を発信する立場ということで、楽しむ部分は変わらず、この楽しみを皆さんにいかに共有できるかというところが今回私の頑張るべき部分だと思っております」とプレイヤー目線で盛り上げることを誓う。

 「皆さんと『FIFA 22』を通して、このゲームの魅力、そしてサッカーの魅力を共有・交流しながら、『FIFA 22』とサッカー界を盛り上げていけるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」と意気込んだ。